ページの先頭です。
本文へジャンプする。

本ウェブサイトでは、JavaScriptおよびスタイルシートを使用しております。
お客さまがご使用のブラウザではスタイルが未適応のため、本来とは異なった表示になっておりますが、情報は問題なくご利用いただけます。

NECNECネクサソリューションズ

プロセス産業(食品・素材・化学等)向けの統合業務パッケージ、FlexProcess

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

プロセス製造業向けERPパッケージ FlexProcess®

「FlexProcess(フレックス・プロセス)」は、プロセス産業(食品・素材・化学等)向けの統合業務パッケージです。生産管理、品質管理、原価管理、業界商習慣に対応した販売管理に強みを持っています。

全て開く

全て閉じる

FlexProcessとは

FlexProcessの概要をご紹介します。

「FlexProcess(フレックス・プロセス)」は、プロセス産業(食品・素材・化学等)向けの統合業務パッケージです。生産管理、品質管理、原価管理、業界商習慣に対応した販売管理に強みを持っています。
特に生産管理領域においては、副産物・連産品・リサイクルなど、プロセス産業特有の複雑な生産工程をシステムで管理可能にすることで、現場の可視化を実現し、迅速な課題解決をご支援します。

FlexProcessがプロセス製造業に適している理由

多くの生産管理システムは、部品表(BOM:Bill Of Material)に基づく設計思想で作られています。
これは、多くの部品を集めて組み立てていく「組立型生産」の情報管理には最適です。

しかしプロセス製造業では、工程の中で副産品や連産品が生成されたり、同じ原料でも成分値や濃度が異なるなど、多様な特性値の管理が求められます。
「組立型生産」の情報管理ではうまく対応できないのです。

FlexProcess(フレックスプロセス)は、このようなプロセス製造業特有の情報管理が可能なERPパッケージです。
副産物やリサイクル品、パイプライン生産、バッチ混合生産など、特有の生産工程に対応します。

このような課題を解決します

  • 一つの製品や中間製品を作る処方・配合が原料、ライン、季節などの条件によって、複数存在する
  • 釜やタンクなど、製造装置や貯蔵場所の制約を考慮した管理が必要である
  • 製品や中間製品の品質が必ずしも目標の値にならない場合の合否判定のみならず、グレード・格付けを行なった管理が必要
  • 工程後の品質によって次工程以降の指示が変更になる場合がある
  • 製品や中間製品の戻し処理がある
  • 連産品、副産物がある
  • 有効期限・成分量、合否判定、在庫状態、単位、属性など、モノの情報の取扱いが複雑である

製品体系図

導入期間の目安

フィッティングモデルを利用した導入の場合 約6ヶ月

短期間・低コストでの導入が可能です。カスタマイズが無いケースに適しています。
今までにNECネクサソリューションズが培った導入経験、ノウハウを集約して、お客様の業務とのフィッティング作業を行います。
フィッティング作業では、過去に開発した共通業務機能を部品化し、標準業務フロー、標準業務モデルを活用します。
これにより短期間で、問題課題の洗い出し、運用業務イメージを早期につかむことができます。

標準的な導入の場合 約12ヶ月

じっくり導入したいお客様、またはカスタマイズがあるケースに適しています。
企画・仕様・構築・移行の、4つのフェーズに分けて導入します。

基本機能

FlexProcessの基本機能をご紹介します。

生産管理

お客様の生産活動を的確にモデル化することにより、生産工程ごとの消費と生産の情報を管理し、生産に関する情報管理のさまざまな課題の解決を図ります。

生産基準の情報を設定可能

管理目的に応じて、生産工程ごとの関連する要素の定義を行い、生産基準の情報を設定できます。

  • 配合や収率の基準定義
  • 現実に即した多様な要素の情報定義
  • リサイクル品、廃棄物、副産物、連産品、作業時間、操業時間、電力、ガス等

スケジュール実績報告機能の提供

製造指図にもとづいた作業の結果、原料投入や出来高などの実績報告を迅速且つ柔軟に記録・報告するためのスケジュール実績報告機能を提供します。
これにより、次のような分析・追跡を行うことが可能になります。

  • 副産物の産出量について、見込みと実績の差異
  • 「ロット番号10」の製品にはどの原料を使用したか

主な機能

  • 生産モデル
  • 製造指示管理
  • 製造実績管理

在庫管理

全社的な在庫状況の把握や、履歴の追跡など、必要なときに必要な情報を参照できます。
また、在庫の数量管理だけでなく、ユーザによる品目ごとの特殊項目を任意に設定できます。 例えば次のような設定が可能です。

  • 品質や概観に関する情報を任意の在庫品目ごとに設定し、ロット・サブロット別の特性値を管理
  • 特性項目ごとに予め基準値を設定することにより、入力値の妥当性チェックを行う

ロット実績の記録と追跡が容易

例えば、仕入業者からの原料受入から最終製品の出荷までに関わるすべての在庫受払は、全てロット(必要であればサブロット)単位で実績を記録できます。
さらにロット追跡により、企業内のサプライチェーンに関するロット、サブロットの履歴情報を参照することができます。
もちろん数量、状態、有効期限、その他有用な在庫情報をきめ細かく管理できます。

在庫受払に関する実績データにも対応

在庫受払に関する実績データは、データ発生場所にできるだけ近いところで、タイミングより入力されることが、リアルな在庫状況を把握するためのポイントです。
受入、出荷、棚卸などの実績報告の用途や作業別に、データ入力形式を容易にカスタマイズできます。

主な機能

  • 資源
  • 入出庫管理
  • ロット管理
  • 棚卸管理

計画管理

効果的な生産資源の配分、顧客サービスの向上をもたらす生産計画立案を支援します。

  • 製造コストの削減
  • 経済的な発注
  • 設備稼働率の向上
  • リードタイムの短縮など

計画立案にあたって、設備の負荷状況を考慮した計画策定をサポートすることにより、計画立案工数の削減を支援します。
また計画立案結果は、ガントチャート形式で確認することができ、マウスによるドラッグ&ドロップで容易に計画(製造オーダー)の変更を行うことが可能です。

主な機能

  • 資材所要量計算
  • 設備能力計算

原価管理

原価の成り立ちをより正確に把握するために「生産モデル」の構造を活用し、生産に関わる任意の原価の発生源のモデル化を行います。
これにより、原料、労働力、ユーティリティ、副産物、連産品などの多様な資源を包含した原価の算出を可能にしています。

さらに、活動基準原価計算(Activity Based Costing:ABC)の考え方により、間接費の適切な原価算入を行うことも可能です。
また、算出したデータを各種のデータ分析ツール(OLAP、スプレッドシート)に連携し、多様に分析できます。

主な機能

  • 品目別計算
  • 積上げシミュレーション

購買管理

生産に必要な原料、資材や備品、消耗財などの発注、受入管理を効率的に行います。
発注時に仮単価で発注し、受入時受入後に単価や数量の調整を行うことが可能です。

購買要求では、承認機能を提供します。また購買オーダーでは、分納などの進捗状況も管理できます。多通貨や複数税の対応や、マルチサイトを用いた集中購買にも対応しています。

主な機能

  • 仕入先管理
  • 発注管理
  • 受入管理
  • 請求管理
標準テンプレート

FlexProcessの標準テンプレートをご紹介します。

標準機能を補完します。

過去に開発・導入した実績、培われたノウハウで、プロセス製造業特有の業務に対応するテンプレートをご提供し、業務の標準化を図ります。
また、これらのノウハウは、短期間・低コストでのシステム導入に繋がっています。

F1生産管理

プロセス製造業で必要となる業務機能を追加します。使いやすい画面・帳票を備え、作業の効率化・標準化を図ります。
データの統合管理で現場を「見える化」し、需給変動への対応力を強化します。

F1原価分析

標準原価、実際原価、原価差異情報を品目別に「見える化」し、原価低減活動に寄与します。
在庫や実績の転記、差異の算出など、原価帳票作成業務を効率化します。

F1品質管理

原料検査~工程検査~製品検査までの検査データを統合管理し、全社的な品質管理体制を強化、「品質の見える化」を実現します。
「F1生産管理」との連携により、ロットトレーサビリティを強化し、顧客問い合わせ対応の効率化と満足度向上に貢献します。

原価帳票テンプレート

原価計算結果の整合性を複数の管理帳票を用いて体系的に証明します。
また、原価帳票用データを作成するのと同時に原価分析用の詳細データを集計することで、より詳細な原価分析を可能とするデータ基盤を用意しています。

原価管理活用BIテンプレート

原価分析機能をデータ分析BIツール「Tableau(タブロー)」のテンプレートにより、原価構造の可視化とビジュアル分析ができます。これにより、迅速な経営判断を支援します。

業種テンプレート

FlexProcessの業種テンプレートをご紹介します。

標準機能に追加してご利用いただける、業種に特化したテンプレートです。
NECネクサソリューションズが独自に開発しました。

食品製造業向けテンプレート

FlexProcessの生産管理機能と連携する販売管理テンプレートです。
食品業界特有の販売管理機能をシームレスに連携することにより、製販統合システムを構築します。

このような課題・要望を解決します

  • 販売と生産のシステムがバラバラである
  • 業務の標準化・効率化短期間に実現したい
  • 適正な在庫水準を維持して欠品をなくしたい
  • トレーサビリティを実現したい
  • 品質管理を強化したい
  • 原価の見える化をしたい

食品製造業向けテンプレートの特長

  1. 食品業界の商環境に特化
    帳合対応、ロット管理、賞味期限対応、トレーサビリティ、等に対応。短期間導入が可能!

  2. 生販連携機能、需給バランス※
    生産管理システムと販売管理システムをシームレスに連携。マスタ、製品ロット出荷引当、ロット追跡、在庫管理の一元化が可能!

  3. プロセス産業向け生産モデル※
    ロット管理、有効期限管理、在庫状態管理などきめ細かい在庫管理の実現!

  4. 原価の見える化※
    「生産モデル」に基づき品目別原価積上げ、原価シミュレーション等、副産物を考慮した原価管理を実現!

※FlexProcess生産、原価コアプロダクトの導入が必要です。

農薬・肥料製造業向けテンプレート

FlexProcessの生産管理機能と連携する販売管理テンプレートです。
全農殿との取引において発生する、受注から出荷までの多様なデータパターンによって煩雑化する業務運用をサポートします。

このような課題・要望を解決します

  • 商系、系統の2つの販売商流により煩雑になっている業務を省力化したい
  • 系統の売上処理におけるE2、E8データ突合せの手間を削減したい
  • 系統の入金消込におけるE7、SR照合作業の手間を削減したい

農薬・肥料製造業向けテンプレートの特長

  1. 全農との取引において発生する受注から出荷までの各種データ受信、紐付け処理

  2. 経済連、特定県連の独自処理取りこみ

  3. SP在庫管理の強化(自社倉庫、県連倉庫への移動補充管理)

  4. 割戻、拡販費管理

  5. 農薬年度に対応した単価の一括変換、など

ソリューションマップ

食品製造業向けと化学製造業向けのソリューションマップ(自社のソリューションがどの業務領域をカバーしているかを示した図)をご紹介します。

食品製造業向け

化学製造業向け

導入事例紹介

FlexProcess(フレックスプロセス)は、これまでに300社以上のプロセス製造業様でご利用いただいています。

  • ※各リンクをクリックすると、NECネクサソリューションズのページもしくは、NECのホームページにジャンプします。
もっと見る閉じる
電話でのお問い合わせ お客様センター 0120-224-107 営業時間:9:00~12:00、13:00~17:00※土日祝日、および当社指定休日を除く

◇Protean is a trademark of Wonderware Corporation and not a part of this product. Any appearance of the trademark Protean in connection with this product is purely incidental and is not to be construed as an association with Wonderware Corporation, Baan Corporation or Invensys PLC.

◇Wonderware® and Protean® are Registerd Trademarks of Wonderware Corporations.

ページ上部へ

ここからサービス一覧メニューです。
サービス一覧メニューを読み飛ばす。
サービス一覧メニューここまで。