NEC ネクサソリューションズ



データ集配信ASPサービス「データアウトソーシングサービス」

顧客毎のEDIシステム構築が不要になります。

ページ内の目次

特長

回線1本でEDIを実現できます

取引先とEDIを実施するには、取引先の要望や処理の集中を考慮し、サーバ機器や通信回線など、様々な設備を準備する必要があります。

そのようなEDIを、回線1本で実現できるのが 「データアウトソーシングサービス」です。複数の取引先とのEDI接続は、「データアウトソーシングサービス」にまかせ、集約したデータだけをお客様の基幹システムで一括受信することができます。従ってEDIのためだけにハードウェアを購入する必要はありません。

基幹システムの開発から解放されます

取引先のシステムで生成された各種情報(注文情報など)を自社の基幹システムで受け取るには、商品コードやレイアウトなど、形式の異なるデータを自社の基幹システムで読み込めるように変換する必要があります。

「データアウトソーシングサービス」では、これらの変換処理をセンター側で対応するため、お客様の基幹システムにかける負担を大幅に低減します。また、EDI取引の初期段階だけでなく、取引開始後の仕様変更にも迅速に対応します。

日々の運用業務をまるごとアウトソーシングできます

EDIの運用を始めると、受信エラーに代表される障害対応や、指定時間外のデータ送受信など、様々なEDI付帯業務が発生します。基幹システムの運用やシステム企画などで手一杯の情報システム部門では、いつ発生するか分からない、これらの作業のために人員を確保するのは困難です。

「データアウトソーシングサービス」では、障害発生時の取引先への連絡や、データの再セット、スケジュール以外のデータ送受信など、EDIにまつわる様々な業務を、お客様に代わって対応します。

様々な取引先とのEDIを実現します

取引先の要望するEDIも、「ファイル転送型」や「Web型」とさまざまです。

ファイル転送型のEDIであれば、通信手順やフォーマットが異なっていても、システムで対応することで自動化できますが、最近増加傾向にあるWeb型のEDI方式では、人手を介して情報を閲覧し、データをダウンロードするという手動の操作が必要で、自動化を目指したEDIのメリットがなくなってしまいます。

「データアウトソーシングサービス」では、オプションで提供している、「WEBEDI受信代行機能」を利用し、Web型EDIへの対応が可能です。

活用例

基幹システムリニューアルでEDI機能を切り出し。運用業務を軽減

飼料製造業のI社は、「業務の標準化」と「サプライチェーン再構築」を目的として基幹システムの入れ替えを検討していましたが、その際に問題となったのは、取引先毎に作り込んでいるEDI対応プログラムの扱いでした。

数年前にお客様自身で開発したプログラムは、担当者の異動や、ドキュメント未整備などが原因で、誰も手をつけられないものになっていました。

基幹システムの入れ替えスケジュールは、1年後の大型連休と決まりましたが、顧客の数とほぼ同数のEDI対応プログラムを作り直すのでは間に合いそうになく、さらに、基幹システムは標準化を行ったパッケージソフトを利用することになっていたため、取引先毎のプログラムを組み込み余地もありませんでした。

そこでEDIASPサービスを活用し、基幹システムに加える改造を最小としつつ、短期間での実現をはかりました。 同社は、「データアウトソーシングサービス」を利用することで、当初の予定通りのスケジュールでシステムの入れ替えを実施することができ、ハードウェアやソフトウェアにかかる初期費用の低減、さらにはEDIに関る日々の運用業務の軽減も実現することができました。

「注文情報」を即座に物流会社に流し、当日出荷を可能に

化粧品製造業のS社は、大手スーパーやドラッグストアから日々数千件の注文が入ってきます。店舗の小さいドラックストアなどは在庫を極小化しているため、注文を受けた商品を迅速に店舗に届けなければ、品切れが発生し販売機会の損失にもなりかねません。

そこで考えられたのが、「データアウトソーシングサービス」を使った、新しいサプライチェーンシステムでした。

この仕組みでは、「データアウトソーシングサービス」が注文情報を受けると同時に、製造業S社向けの「注文情報」と、倉庫会社、物流会社向けの「出荷指示情報」を作り、それぞれにデータを送信することを実現しています。これにより倉庫会社、物流会社は、S社の注文受付と同時に商品の発送準備に入ることができ、リードタイムの大幅な短縮が実現されました。

この仕組みでは、商品の発送準備ができた際に、倉庫会社、物流会社が「出荷情報」を登録することになっており、取引先のスーパーやドラックストアに事前情報を伝え、この情報をもって、S社の注文情報も確定することとなります。この仕組みを採用することによって、いままでは特別な事情がない限り翌日出荷をしていたS社でも、当日出荷を行うことができるようになり、販売機会の損失を最小限にとどめることができるようになりました。

サービスメニュー

基本サービス

[初期費用]
加入料

10,000円(本サービスを利用する際の基本料です)

[月額費用]
基本料

10,000円/ID

処理量

通信費 1円/128byte

業務運用費

60,000円

オプションサービス

[初期費用]
マッピング費用

70,000円~(フォーマット変換の定義を実施する費用です)

[月額費用]
フォーマット変換

0.6円/128byte

みんなつながる 流通BMS

当サービスは、流通システム標準普及推進協議会が定める技術仕様に適合しています。

1つ上のページへのリンク