ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション
  3. 完成品製造業向け
  4. 金属加工業向けソリューション
ここから本文です。

完成品製造業向け

金属加工業向けソリューション

金属加工業のお客様でこんなお悩みはございませんか?

  1. 複雑な受注形態への対応が困難
  2. 希望納期に対応できない
  3. 品質管理レベルの向上を図りたい

NECネクサソリューションズがお悩みを解決します

1.1つの受注画面で複雑な受注形態に対応ができることにより、業務効率の向上を図ります

需要先からの様々な要求に対し、融通性と柔軟性を維持するために複雑な受注形態に対応する必要があります。また、取り扱い品の豊富さから、自社加工だけでなく、加工を一部外注先に委託する場合や関連する部品等を仕入先から需要先へ直接納品するケースもあり、それらが混在する取引になる場合も少なくありません。このように複雑化する受注形態に柔軟に対応していくことが需要先との関係を維持する重要なファクターの1つです。
しかしながら一般的な販売管理システムを利用している場合では、受注業務から加工業務への流れにおいては手作業による事務処理で対応せざるをえず、全体的な業務効率の向上を阻害してしまっています。

多様な受注形態に1つの受注画面で処理対応できることは、業務効率向上に結びつきます。情報の入り口が複数であるより1つの方が業務フローをシンプルにすることが可能になるからです。
金属加工業モデルでは、以下の5つの受注形態に対応することができ、加工業務や出荷業務へ連動するため、情報精度の向上とともに業務効率の向上を図ることができます。

受注形態の対応パターン

2.中間在庫管理ポイントを設定することにより、納期を短縮します

納期の3日前に確定オーダがくるなど、短納期への対応や急な納期変更に柔軟に対応することが困難になります。しかし、需要先の希望納期に間に合わせられなくなると、競争力低下により今後の取引に大きな影響を与えてしまいます。

納期短縮や納期変更に柔軟に対応するために、中間在庫ポイントを設定します。需要の傾向により中間在庫までは見込み生産で行い、確定受注が入ってから最終工程を行うことで納期短縮への対応が可能になります。

納期短縮対応のイメージ

3.両方向のロットトレースに対応して原材料ロットの情報を把握ができることにより、品質管理レベルの向上を図ります

高品質であるだけでなく、安定した品質の製品を需要先へ提供し続けることは金属加工業者の重要なミッションです。品質管理を怠ってしまうことは、将来的な取引に大きな影響を与えてしまうため、効率的かつレベルの高い品質管理が求められます。

製品ロットから使用している原材料ロットを把握できるだけでなく、問題があった原材料ロットから他の製品に使用していないか、どのお客様に出荷しているかの情報も把握することができます。
これにより製品の品質管理レベルの向上を図ることができ、また出荷先のお客様へ迅速に情報提供できるためお客様との継続的な関係性維持を図ることができます。

両方向ロットトレースのイメージ

この課題を実現するソリューション

ご質問・ご相談などお気軽にどうぞ

資料ダウンロードはこちらから

ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る