ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション
  3. 設計・PLMソリューション「Obbligato III」
ここから本文です。

設計・PLMソリューション「Obbligato III」

[図]PLM

設計業務の向上やリードタイムの短縮など普段困っていることをPLMで解決しませんか?
PLMによる課題解決をわかりやすくご紹介!
こちらのページもぜひご覧ください。

概要

国内トップシェアのPLMシステム
日本の製造業850社の業務ノウハウをベースとした機能を満載

製品開発の過程で発生する多種多様な技術情報を相互に関連付けます。
また、Obbligato IIIは製品ライフサイクルに渡って統合管理することで情報流通基盤を構築し、製品の品質・コスト・納期・環境の向上を図ることができるシステムです。

Obbligato III とは?

新興国市場におけるビジネスの拡大や環境対応力の強化など、日本の製造業を取り巻く環境が大きく変化しています。また、製造業のこれからのグローバルものづくりにおいて、PLM(Product Lifecycle Management)はますます重要になっています。

「Obbligato III」は、製品開発の過程で発生する多種多様な技術情報を相互に関連付け、製品ライフサイクルに渡って統合管理します。また、情報流通基盤を構築し、製品QCDE(品質・コスト・納期・環境)を向上します。

本ソリューションが適しているお客様

製造業(電機・精密・電子部品・自部品 等)、素材・化学製造業のお客様

導入形態

Obbligato IIIには、2つの導入形態があります。サービス型(SaaS)と導入型です。

サービス型(SaaS)は、PLMシステムをインターネットを通じて、すぐに安価に、カスタマイズなしでご利用いただけます。 堅牢なデータセンターにて運用されBCP対策にもなります。
また、導入型は、お客様の業務に合わせてカスタマイズすることが可能です。

サービス型(SaaS)と導入型の主な違い

  サービス型(SaaS 導入型
要員・立上げまでの期間 要員は最小限。期間は、2週間から立上げ可能 要員も期間もかかるが、業務にフィットしたシステム構築が可能
費用 カスタマイズ不要のため初期費用を削減可能(例:10ユーザで、初期費用約90%削減)
運用・保守費は、月額制(例:5年間運用費用約40%削減可能)
導入時およびバージョンアップ時にSI費用が必要
カスタマイズ(注1) カスタマイズに一部制限あり 柔軟に対応可能
パラメータ設定(注2) カスタマイズツールの設定により可能 柔軟に設定可能
パーソナライズ設定(注3) エンドユーザ自身で画面設定が可能 エンドユーザ自身で画面設定が可能
業務アプリケーション ドキュメント管理、製品構成管理、設計変更管理、汎用的な業務(注4) ドキュメント管理、製品構成管理、設計変更管理、コスト管理、化学物質管理、プロジェクト管理、等、多数
  • 注1:カスタマイズは、個別クラス定義、業務機能カスタマイズがあります。
  • 注2:設定内容は、属性・分類、承認ステータス・アクセス権、採番ルール、画面定義(メニューやボタン)です。
  • 注3:設定内容は、個人の画面設定(項目表示非表示・表示順)です。
  • 注4:業務シナリオに基づいた汎用的な機能を提供します。

ご質問・ご相談などお気軽にどうぞ

資料ダウンロードはこちらから

ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る