ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション
  3. アウトソーシングサービス
  4. IT運用コンサルティング
ここから本文です。

NECネクサソリューションズのアウトソーシングサービス

IT運用コンサルティング

情報システムの活動状況や運用レベルの評価を客観的に行うことにより、現状の把握、課題の明確化等を行います。

特長

経営戦略と情報戦略の整合状況診断が可能です

情報システムの有効性確保のためには経営戦略との整合が不可欠です。IT運用コンサルティングでは、現状の情報システムの運用状況を明確化するとともに、経営・情報の両戦略について調査・インタビューを実施することにより、両者の戦略整合状況と実際の情報システム運用の状況の整合について客観的に診断を行います。これにより、情報システム部門の性能および経営に関する有効性の把握が可能になります。調査・分析には、当社独自の分析ツールを利用します。

情報システムの費用構造分析によるコスト評価が可能です

現状業務の棚卸を行い、現状の実施領域、役割分担を明確化すると共に、各業務の業務量や外部プロセスを含めた運用プロセスの整理および現状のコストについての整理を行います。そして、そのデータを下に、当社独自の分析ツールを利用し、客観的なコスト評価を行います。

戦略的情報システムを実現するための業務・運用改善提案を実施します

現状の情報システムおよび経営戦略と情報戦略の整合状況から現状の情報システムが抱えている問題点・課題を抽出し、ITIL®やISO等に当社独自の運用ノウハウを加えた標準運用プロセスをベースに具体的な業務・運用改善提案を実施します。合わせて、アウトソーシング化で効果的に解決可能な領域を定義します。

アウトソーシングを実施した場合の投資効果試算・運用体制計画の提案を実施します

情報システムの課題に対し、アウトソーシングで解決できる領域において、役割分担の定義、有効性の算定・評価を行うと共に、実施計画の提案を行います。

活用例

運用コスト削減と品質の向上

情報システム子会社A社では、親会社から「コストの削減と運用品質の向上」と言う命題を与えられ情報システムの抜本的見直しを早急に行う必要がありました。

A社は、IT運用コンサルティングにより現状を把握し、親会社が求めている戦略的価値との差を認識する事で、情報システム部門として、注力領域の特定、品質レベルの設定を短期間で行うことができました。また、抜本的なコストダウンと品質向上の具体策としてアウトソーシングを検討しました。アウトソーシングを導入する上で、情報システム部門の技術水準の低下や品質、コスト低減のコントロールを失うのではないか、と言う懸念がありましたが、IT運用コンサルティングによるアウトソーシング実施時における役割分担、コスト評価、コントロール方法、実施計画についての提案を受けることで、懸念事項を克服することができました。

これにより、コストコントロールと標準運用プロセスの導入による品質向上・継続的な改善という親会社からの命題に対し、着実に取り組む事が可能になりました。

サービスメニュー

本サービスは、お客様の状況、ご要望に合わせて個別対応します。

アウトプットイメージ(目次例)

納品物 項目
運用管理評価報告書

1. 実施にあたって
2. システムの現状実施対象領域
3. 現状の問題点と課題
4. 総合評価

運用管理改善基本計画書

5. 今後の組織運営の方向性
6. 課題解決策
7. 今後の組織運営の改善策

ご質問・ご相談などお気軽にどうぞ

資料請求はこちらから

ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る