ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション
  3. アウトソーシングサービス
  4. 品質維持のプロセス
ここから本文です。

NECネクサソリューションズのアウトソーシングサービス

品質維持のプロセス

多様な認証を取得

アウトソーシングサービスに関連した、世界標準あるいは業界標準となっている認証を取得し、業務に役立てています。

ISO9001

ISOとは、品質マネジメントシステムの国際規格であり、国際標準化機構(International Organization for Standardization)により、1987年英国のBS5750規格をベースに制定されました。これは、お客様へどういう品質・サービスを提供していくのか組織としての方針を定め、それを提供していくために 継続的に改善していく仕組み(=品質マネジメントシステム:QMS)です。
NECネクサソリューションズは、システム開発分野とは別に、アウトソーシングサービス分野で独立してISO9001を取得し、高品質なアウトソーシングサービスを提供しています。

ISMS

ISMS(Information Security Management System)とは、技術・管理面を含めた総合的なセキュリティ対策を実現する情報セキュリティマネジメントシステムのことです。
NECネクサソリューションズはBPO分野で一般財団法人日本情報経済社会推進協会よりISMS認証を得ています。

ISO/IEC 27001

ISO/IEC27001とは情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格であり、2005年10月に発行されました。組織の事業上のリスク全般を対象とし、文書化された情報セキュリティマネジメントシステムの確立・導入・運用・監視・見直し・維持・改善に関する要求事項を規定しています。これに伴い、「BS7799-2:2002(以下,BS7799-2)」及び「ISMS認証基準(Ver.2.0)(以下,ISMS認証基準)」が、ISO/IEC 27001に統一されます。
NECネクサソリューションズは、これまで取得してきたISMS認証基準からISO/IEC27001認証基準へといち早く移行し、2006年11月、登録認定されました。

ITIL

ITIL(Information Technology Infrastructure Library)とはITサービスマネジメントのベストプラクティスを集めたフレームワークです。1980年後半に英国の政府機関がIT運用における実際の知識・ノウハウを集約して文書化、ITILは欧米で業界のデファクト・スタンダードと認知されています。
NECネクサソリューションズでは、ITILをベースに30年以上に及ぶアウトソーシング実績を活かして品質規定を定め、標準化した運用プロセスで高品質なアウトソーシングサービスを提供しています。

IPA

IPA(Information-technology Promotion Agency, JAPAN)とは、「情報処理振興事業協会」の略であり、「情報処理の促進に関する法律」に基づき、1970年10月に設立された政府関係機関です。 汎用プログラムの開発・普及の促進、先進的な情報処理技術の研究開発、情報処理サービス事業者の資金調達の 円滑化、コンピュータウイルス対策、マルチメディア研究センター、及び、情報基盤センターの整備・運営、地域におけるソフトウェア供給力の開発などを推進しています。
NECネクサソリューションズは、IPAのメンバーとしてこれらの活動に積極的に参加しています。

改善手法の確立

アウトソーシングは常に変化する社会状況に対応しなければなりません。結果のフィードバックから次の改善へ役立てるプロセスによって、改善し続けることが必須です。

改善提案の実施

インシデント管理・問題管理から認識された課題を明確化し、ベストプラクティスによる継続的な改善提案活動を実施します。

アカウントマネジメント

お客様ごとに対応するサービス責任者を明確にし、そのサービス責任者がお客様の視点に立ってサービスの品質をマネジメントすることにより、サービス品質を維持し、必要な改善策を提案します。

PDCAプロセスによる改善活動

お客様に対するサービスの有効性を維持するためには、お客様の状況の変化に合わせたサービス水準のマネジメントが必要です。NECネクサソリューションズのアウトソーシングサービスは、PDCAサイクルを効率よく回してサービスレベル等のマネジメントを行うことにより、その有効性の維持改善が可能になります。

インシデント管理

サービスデスクでは、お客様情報を一元管理しているデータベースを使用して、お客様のシステムに関する様々なイベントをインシデントとして管理します。これにより、システムに関する課題の抽出・仮説化から改善提案活動、影響度試算等、様々な活動をアカウントマネージャと一体化して実施することが可能になります。

ご質問・ご相談などお気軽にどうぞ

ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る