ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション
  3. アウトソーシングサービス
  4. データセンター向けセキュリティサービス
ここから本文です。

NECネクサソリューションズのアウトソーシングサービス

データセンター向けセキュリティサービス

「見えない脅威」からお客様の大切な情報資産を守ります。各種サービスを組み合わせることで、より高いレベルのセキュリティ対策を講じることができます。

本サービスは、「リモート監視・運用サービス」、「ハウジングサービス」のオプションです。

特長

高度なセキュリティ対応要員は不要です

セキュリティに関する技術は日々進化している一方、それに対応できる要員を確保することは非常に難しい課題です。かといってセキュリティ対策を疎かにして、セキュリティ問題が発生すると、多大な損害と経営的ダメージを受けることは必至です。そのため、いかにセキュリティ対策をはかっていくかは、とても重要な経営課題ともいえます。

「データセンター向けセキュリティサービス」は、お客様に代わって、NECネクサソリューションズのセキュリティの専門家が独自の監視ツールなどを使用してセキュリティ対策を実施し、お客様の情報資産を守るサービスです。

迅速な通知と自動復旧で被害を抑制します

次から次へと登場するウイルスやワーム、不正攻撃などの脅威を完全にシャットアウトすることは現実には非常に困難です。しかし、万一セキュリティ問題が発生してしまっても、いち早く対応し被害の拡大を抑制することが必要です。

「データセンター向けセキュリティサービス」は、Web改ざんなどの被害にあった場合でも、自動的にお客様に通知するとともに、ただちに改ざんされたファイルを復旧、もとの状態に戻すことが可能です。

活用例

セキュリティ要員不足をアウトソーシングでカバー

A社はセキュリティ要員が不足しており、対応が後手になりがちでした。ある日、緊急のセキュリティパッチがリリースされましたが、担当者が不在だったためにその影響度などもわからず、パッチ適用作業を翌日に先送りしてしまいました。しかしその間に1台のパソコンがウイルスに感染、A社全体にウイルスが拡大することになりました。ウイルスの駆除には一週間近くかかり、結果的に膨大な工数が投入されました。

セキュリティ対策のために追加要員の採用や育成が困難なA社は、これを機会にセキュリティパッチ対応をアウトソーシング会社に委託することにし、「データセンター向けセキュリティサービス」を導入しました。

現在は全てのクライアントが「データセンター向けセキュリティサービス」によりパッチ適用状況などが常時監視された状態にあり、またパッチ適用もその必要性を専門化が判断し、自動的に各クライアントに適用されるようになりました。

セキュリティ対策が十分かどうか確認したい

B社は次から次へと発生するウイルスやワームなど新たな脅威へのセキュリティ対応状況が十分かどうか確認し、不足していれば強化する必要があると考えました。

「データセンター向けセキュリティサービス」によるセキュリティ診断の結果、会社のホームページに脆弱性が発見されました。発見された脆弱性については直ちに対策が取られ、事なきを得ましたが、B社はその後も継続的なチェックが必要であると考え、システムの入れ替えのタイミングや新しいセキュリティホールが発見された場合など、「データセンター向けセキュリティサービス」を利用し、適時、脆弱性を診断するサービスを受けることをルール化しました。

サービスメニュー

セキュリティパッチリリース通知 Windows系、UNIX/Linux系OSに関するセキュリティパッチリリース情報をメールで通知します。
不正侵入検知 不正侵入検知装置により危険度の高い事象を検知したとき、メールまたは電話で通知します。
(「ハウジングサービス」のみのオプションですが、一部のデータセンターは除きます)
セキュリティツール サーバ自身が防御壁となり、自己検証を行うソフトウェア・ファイアウォールです。不正アクセス遮断、改ざん検知・復旧、設定変更検知、ログ監視などの機能があります。
セキュリティ診断 セキュリティ診断ツールを使用し、サーバ・ファイアウォールのセキュリティ脆弱性診断を行い、レポートします。
セキュリティパッチ適用代行 サーバ向けセキュリティパッチをお客様に代わって適用します。
(「リモート監視・運用サービス」のオプションとしては利用できません)

ご質問・ご相談などお気軽にどうぞ

資料請求はこちらから

ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る