ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション
  3. アウトソーシングサービス
  4. トータルアウトソーシングサービス
ここから本文です。

NECネクサソリューションズのアウトソーシングサービス

トータルアウトソーシングサービス

情報システムについて、システム企画支援、開発、運用、改善のライフサイクルを包括的にサポートします。

特長

情報システム要員を戦略業務へシフトできます

企業が継続的に競争力を保持し勝ち残っていくためには、情報システムが経営の動きに迅速に反応して企業活動をサポートする必要があります。一方、情報システム部門は、経営陣からの要求は高まりながらも、スリム化要求にも応えねばならず、慢性的な要員不足に陥っています。その結果として、日々の運用・維持業務の対応に追われ、経営陣からの要求への対応が疎かになりがちです。

「トータルアウトソーシングサービス」は、システムライフサイクルにおいて、企画部分を除く殆どの領域をサポートすることにより、情報システム部門の業務を大幅に軽減し、システム企画や改善活動、業務部門との調整等経営課題解決のための活動にシフトすることが可能です。

経営に対する情報システムの強化が図れます

経営に対するシステムの有効性を強化するためには、常に改善活動を実施し、システムの陳腐化を防止する必要があります。また、他社との差別化のためには、先進的で効率の良い優れた情報システムを活用する必要があります。

「トータルアウトソーシングサービス」は、システムライフサイクル全般をサポートすることにより、PDCAサイクルを効率良く回して改善提案から改善の実行、評価まで行います。また、SLAとSLMにより、パフォーマンスを管理し、品質の保持を図ると共に、SLAを環境変化に対応させることで、システムの陳腐化を防ぐことが可能です。

TCOの削減に貢献します

情報システム投資の最適化は経営体力の強化と密接に繋がりがあります。情報システムは品質向上と相反するコスト抑制・削減にも積極的に取り組まなければなりません。

「トータルアウトソーシングサービス」は、システムインテグレーション、システム運用、システム改善等の多方面からトータル的にコストパフォーマンスを見直すことができ、TCO削減に貢献することが可能です。

情報システム業務の可視化が促進されます

アウトソーシングを行う際、システムが見えなくなりコントロールを失うのではないかと懸念されるケースがあります。これは、業務の可視化が行われていないために起きる場合が多く、アウトソーシングしない場合でも、業務の可視化が行われていなければ、同様に情報システムの状況や有効性等の把握が困難になります。情報システム部門は、業務の可視化を行い、パフォーマンスを評価し、改善活動や新たなシステム企画へと繋げていく必要があります。

「トータルアウトソーシングサービス」では、その導入段階にてシステムの可視化を行い、SLAとSLMによりその状況をお客様と共有します。

活用例

スリムな情報システム部門の構築実現

A社では、取引先からの要求や現場部門からの要求により情報システムが肥大化し、運用・維持工数が増大し、現行要員の負荷は高まっていく一方でした。また、経営陣からは、情報システムを活用した新しい取り組みへの対応を求められると共に、コスト削減、災害対策等の目標を与えられ、対応に悩んでいました。

そこでA社は新システムの検討をきっかけに「トータルアウトソーシングサービス」の導入を検討し、情報システム部門の工数を上流工程にシフトし企画能力を向上させると共に、運用コストの低減と品質向上、開発対応力の強化を図りました。

まず、運用をアウトソーシングすることで、業務負荷を減らし、新システムの企画や現場交渉などの工数を捻出し、開発を委託することで、短期間にシステム構築を行いました。また、データセンターを利用することにより災害対策も解決することができました。情報システム部門も30人体制から12人体制となり、大幅なスリム化を実現しました。

コストは、毎年の削減目標を決め契約することにより、抑制も確実に実現が可能になりました。 本番導入後に大規模なハード障害がありましたが、情報システム要員を以前の半分以下にしていたにも拘わらず、データセンターの優秀なSEにより、迅速に復旧することができ、取引先にも迷惑をかけずに乗り切ることができました。

サービスメニュー

本サービスは、お客様の状況、ご要望に合わせて個別対応します。

ご質問・ご相談などお気軽にどうぞ

資料ダウンロードはこちらから

ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る