ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション
  3. 教育業務
  4. 標的型攻撃メール対策(eラーニング教材)
ここから本文です。

教育業務

標的型攻撃メール対策(eラーニング教材)

標的型攻撃メール対策

標的型攻撃を防ぐには、メール受信者一人ひとりの意識と適切な対応が必要です。攻撃メールの対処方法をご理解いただく体験型学習で、安全な環境づくりをサポートします。

本教材では、体験型学習により、巧妙な罠が仕掛けられた攻撃を見抜く真のスキル習得が可能です。

標的型攻撃メール対策 (eラーニング教材)の特長

基礎知識だけでなく、疑似演習により対処方法を体感

  • 標的型攻撃メール対策の基礎を学習するだけでなく、実際に不審メールを受信してしまった場合の適切な対応について体感していただけます。
  • 具体的な問題を、簡単操作の対話形式型で学習いただけます。詳細な解説で、より理解を深めることができます。

【演習学習の例】 疑似演習での操作方法や解答の解説をていねいに記述しています。

[図] 標的型攻撃メール対策 演習学習の例

いつでも、どこでも、ご都合に合わせて受講可能

  • 本研修はすべてWebブラウザ上で操作可能なため、受講者のタイミングに合わせてご利用いただけます。学習の場所を選ばず、隙間時間を活用して実践的な研修受講が可能です。

教材概要

学習タイトル 標的型攻撃メール対策
カリキュラム概要 1.基礎知識
2.事例紹介
3.疑似演習 (操作説明・演習5問)
4.対処方法
学習所要時間 20~30分
受講対象 業務でメールの送受信を行う方

動作環境

動作には別途eラーニングシステムが必要となりますので、ご注意ください。(注)
なお、 eラーニングシステムをお持ちでないお客様は、下記その他ご提供可能なメニューにあるスマートラーニングのご提供も可能です。

注:貴社で既にご利用のeラーニングシステムがSCORM形式対応であれば動作可能です。

その他ご提供可能なメニュー

  • サイバーセキュリティトレーニング
    全職員・社員向けの疑似攻撃メール対応トレーニングや、情報システム部門向け技術演習まで、役割や目的に応じた教育を提供します。安心・安全な社会活動を下支えする人材育成をサポートします。

本資料は、下記の「資料ダウンロード」ボタンからダウンロードができます。

ご質問・ご相談などお気軽にどうぞ

資料ダウンロードはこちらから

ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る