ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション
  3. ワークスタイルを変える。
ここから本文です。

ワークスタイルを変える。

「ワークスタイル変革」を実現するための、4つのポイント。

労働力人口の減少による人材不足やますます激化する市場競争など、大きな環境変化が起こる中、中堅・中小始め多くの企業が「ワークスタイル変革」というテーマに取り組み始めています。多様な働き方に対応し優秀な人材を確保していきたい、社内のコミュニケーションをもっと円滑化しビジネススピードを加速したい、企業間の連携を強化し競争力を高めたい、システムをセキュアかつ効率的に運用したいなど。直面する課題の解決と、さらなるビジネス強化のためのポイントをご紹介します。

1.「多様な働き方」に対応し、優秀な人材を確保する

[図] 柔軟な働き方への対応

人材確保のため、また育児や介護など従業員の就業環境の変化に柔軟に対応するため、「多様な働き方」ができる環境作りが求められています。そのため、モバイルワークや在宅勤務など場所を問わない働き方ができるように検討を進める企業様も多いでしょう。従業員が自宅や出張先でも変わらぬパフォーマンスを発揮できる環境を、安全や利便性に配慮しながら構築できます。

2.社内の情報共有を活性化、意志決定スピードを加速する

[図] コミュニケーションの円滑化

社内のコミュニケーションをより活性化し、さらに迅速な情報共有とタイムリーな意志決定を行える組織にしたいと考える企業様も多いでしょう。1対1あるいは複数メンバーが文字・音声・映像といった様々な手段により結びつくことで、場所を問わずコミュニケーションが取れ、本社・拠点間の意識ギャップを改善。社内稟議や意志決定のスピード化、会議や出張などのコスト削減にも効果的です。

3.企業間連携を実現し、ビジネスを強化する

[図] 企業間コラボレーション

関係企業と密接に連携しビジネスに取り組みたいという企業様が増える中、「情報共有がうまくいくのだろうか?」「セキュリティ面が心配だ」などの声が多く聞かれます。自社のワークスタイル変革と合わせ、関連企業とのコラボレーションを進めることで、さらにビジネスを加速させたい企業様に、迅速・円滑で安全な情報連携を実現します。

4.セキュアで創造性豊かなオフィスを実現する

[図] システム運用の効率化

新しいアイデアの創出や、業務改善など、創造性を発揮できるオフィス環境が求められています。そのために、新たなシステムの構築・運用を行うことには大きな負担がかかります。そこでクラウドサービスを活用すれば、システムの構築や運用の負荷を下げられるだけでなくセキュリティ対策にも有効です。

ホワイトペーパー無料プレゼント中!

ホワイトペーパー無料ダウンロード

今、多くの企業が注目するワークスタイル変革。「なぜ今」ワークスタイル変革が注目を集めているのか? そして、自社はワークスタイル変革の必要があるのか?
――今さら聞けない基本的な内容の解説と、自社にどのようなワークスタイル変革が必要かわかるチェックなど、分かりやすい内容を中心にまとめました。

何から手を付けていいか分からない、自社に必要なソリューションって何?など 最適な方法をご提案します。

まずは、ご相談ください!

ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る