ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 導入事例
  3. 記事詳細
ここから本文です。

顔認証システム「KAOATO(カオアト)」 導入事例
医療法人社団永生会 永生病院 様

患者さまの無断離院を防ぎ、重大事故を未然に防止。顔認証システム「KAOATO」を採用し、高い安全性を確保するとともに、病院職員の負担も軽減。

医療法人社団永生会 永生病院 様

業種 病床数 導入システム

業種

病院

病床数

501~1000床

導入システム

顔認証システム「KAOATO」

事例のポイント

背景

  • 高次脳機能障害や認知症などの患者さまによる無断離院が年に数回発生し、警察やタクシー会社に捜索協力を依頼することがあった。
  • 離院を未然に防ぐことのできる有効な方法を探していた。

[拡大する]

成果

  • 離院を未然に検知することができ、すぐに患者さまの安全を確保できた。
  • 職員が緊張感を持って見守る体制を維持しながら、顔認証システムの併用により監視負担を軽減できた。

お客様プロフィール

医療法人社団永生会 永生病院 様

お客様名 医療法人社団永生会 永生病院
所在地 東京都八王子市椚田町583-15
沿革 1973年設立。1997年には東京都で初、全国で6番目となる医療機能評価認定証を取得したほか、1998年に総合リハビリテーションセンターを開設。2003年には東京都より地域リハビリテーション支援センターに指定され、南多摩医療圏の高次脳機能障害支援センターも運営しています。2007年には永生会研究開発センターを開設するとともにDPC準備病院となり、2012年に創立50周年を迎えました。
URL

(2017年7月現在)

ご質問・ご相談などお気軽にどうぞ

資料ダウンロードはこちらから

ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る