ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 導入事例
  3. 記事詳細
ここから本文です。

ベッドサイド情報端末 導入事例
社会医療法人財団 大樹会 総合病院 回生病院 様

入院患者さまの快適性向上を目指して、IT機能内蔵タッチパネル搭載テレビを導入。
「家庭に近い環境づくり」を目指す。

社会医療法人財団 大樹会 総合病院 回生病院 様

業種 従業員数 導入システム

業種

病院

従業員数

501~1000名

導入システム

病院情報システム

事例のポイント

課題

  • 入院生活における患者さまの療養環境のさらなる向上。
  • 院内の共有施設であるランドリー利用の効率化を図りたい。
  • 看護師による入院時の院内説明にかかる業務負担を軽減したい。

[拡大する]

成果

  • ビデオオンデマンドの導入やタッチパネル端末によるインターネット閲覧環境で快適性を向上。
  • ベッドでランドリーの使用状況がわかるようになり、洗濯物の置き忘れが減少し、稼動率も向上。
  • 病院オリジナルの入院案内ビデオを活用することで、患者さま自身が情報を得ることができるようになり、看護師の負担が軽減。

お客様プロフィール

社会医療法人財団 大樹会 総合病院 回生病院 様

社名 社会医療法人財団 大樹会 総合病院 回生病院
設立 1956年11月(開設許可)
ベッド数 402床
所在地 香川県坂出市室町3丁目5番28号
沿革 内科・外科・産婦人科・病床数22床の病院として1957年4月に診療を開始。その後、診療科目を増やし総合病院に。2006年には地域医療支援病院へ、そして2008年には社会医療法人の認定を受ける。2009年には屋上にヘリポートと402床の新病院を開設。24時間365日1次から3次までの急性期医療を担う中核病院として、質の高い医療を提供しています。
URL

(2015年7月現在)

関連事例

ご質問・ご相談などお気軽にどうぞ

資料ダウンロードはこちらから

ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る