インターネットVPNとは?特徴やIP-VPNとの違い・構築手順を説明

インターネットVPNとは?特徴やIP-VPNとの違い・構築手順を説明

働き方改革やコロナ禍の影響により、テレワークを採用する企業が近年急増しました。社員の自宅から、安全に社内システムへアクセスするため、VPN(読み方:ブイ・ピー・エヌ)を活用する企業も増えています。VPNにはさまざまな種類があり、この記事では特に「インターネットVPN」について、わかりやすく解説します。

目次

そもそもVPNとは

VPNとは、「Virtual Private Network」の略語で、仮想的な専用線をネットワーク上に構築する技術です。

近年、企業の働き方改革やコロナ禍の影響により、テレワークを導入する企業が急増しました。また政府によるDX(デジタルトランスフォーメーション)の推進によって、クラウドを採用する企業は増加傾向にあり、外部から社内システムへアクセスする機会も世の中的に増えています。

しかしそういったネットワークアクセスの機会の増加に伴い、重要データなどの情報漏えいの危険性も高まっているのです。例えば、企業内の重要データを狙ったサイバー攻撃は増えており、深刻な損害を受ける企業も少なくありません。

そんな状況下において、企業のネットワークは従来よりもさらに高いセキュリティレベル、及び安定した通信環境の構築が求められています。そこでVPNを活用することによって、セキュアな環境を保持しつつ、安定した通信環境の構築が可能となるのです。

一言にVPNといっても、以下のようなさまざまな種類があります。

  • インターネットVPN
  • IP-VPN
  • エントリーVPN
  • 広域イーサネット

インターネットVPNとは

インターネットVPNとは拠点同士をつなぐVPNサービスの1つで、暗号化された専用の通信ルートをインターネット上に構築し、組織内に形成する仮想的なネットワークのことです。

IP-VPNとの違い

インターネットVPNとIP-VPN(読み方:アイピー・ブイ・ピー・エヌ)の違いは、一般的なインターネットを用いるのがインターネットVPNで、IP-VPNは閉域網を利用したVPNである点です。

IP-VPNとは、「Internet Protocol Virtual Private Network」を略した用語で、通信事業者が用意する閉域IPネットワーク網を使って拠点間を接続するネットワーク技術です。契約ユーザーと通信業者だけがアクセス可能な閉域のネットワークを構築することで、重要なデータをやりとりするための高セキュアな通信を可能とします。

インターネットVPN IP-VPN
料金 安い 高い
通信速度の安定性 低い 高い
インターネット通信の可否 可能 不可能

インターネットVPNの特徴は、料金が比較的安価で、インターネットを利用する通信のため速度は遅い傾向にあります。

一方のIP-VPNは、閉域網やアクセス回線に専用線を使用することから、料金は高額で通信速度も速くなることが特長です。

インターネットVPNのメリット

ここでは、インターネットVPNのメリットについて紹介します。

低コストで構築できる

インターネットVPNは、物理的な回線を専有できる専用線に比べて、低価格で構築できる点が最大のメリットです。インターネットVPNの初期費用の相場はルータの購入および設定作業で20,000~50,000円程度、月額費用は5,000~50,000円程度と、サービスによって振り幅があります。

回線を引けない拠点ともVPN接続ができる

インターネットVPNを使うと、例えば市街地から離れた出張所など回線を引くことができない拠点ともVPN接続することが可能です。LTEをはじめ、フレッツやKDDIなどのワイヤレス回線を利用してVPN接続することができます。

インターネットVPNのデメリット

インターネットVPNには、以下のようなデメリットがあります。

  • セキュリティレベルが低い
  • 通信の安定性が低い

セキュリティレベルが低い

一般的なインターネット回線を用いるため、情報漏えいのリスクを抱えることになります。VPNの設定を誤ったり、ネットワーク機器のアップデートが行われていなかったりすると、セキュリティ事故につながるおそれがあるので注意しましょう。

またIP-VPNでは閉域網を活用するため、外部から攻撃を受けるリスクがあるインターネットVPNに比べて高セキュリティな通信であるといわれてきました。

ただ、近年のセキュリティリスクがマルウェアなど内部からの攻撃によるものが主流になってきており、一度入られてしまうと閉域網の堅牢性は意味がなく、もはや閉域網=高セキュリティとは言えなくなってきています。

通信の安定性が低い

通信の安定性が低いことも、インターネットVPNのデメリットとして挙げられます。公衆回線を活用するインターネットVPNでは、利用する時間帯によっては通信速度が変動するケースもあります。大量のデータを頻繁にやり取りする場合や、安定した通信環境によって高速通信を利用したいケースでは、IP-VPNの方が適しているでしょう。

インターネットVPNの構築手順

ここでは、インターネットVPNの構築手順を紹介します。

①VPNルータを用意する

VPNルータは、購入だけでなくレンタルすることも可能です。

ルータを購入する場合、ランニングコストを抑えられるメリットがあります。しかし、トラブルが発生した際は自身で解決する必要があり、復旧までVPNを使用できないリスクを抱えなければなりません。レンタルの場合は、もしものトラブルの際の復旧は早いことが利点といえるでしょう。ただし、ランニングコストがかかる点は注意しなければなりません。

②拠点にVPNルータを設置する

VPNルータを用意後、通信相手先の拠点へ設置します。VPNでの接続には、各拠点へ設置するルータの設定作業が必要です。VPNの種類や機器によって、ソフトウェアのインストールが必要となるケースもあります。設定方法もルータによって異なるため、機器のマニュアルやレンタルサービス提供会社へ確認しましょう。

まとめ

インターネットVPNは、一般的なインターネット回線を用いて構築する仮想専用線です。そのため、安価に構築できるメリットがありますが、通信が安定しない、セキュリティレベルが低いなどの注意点があります。

インターネットVPNの構築なら、NECの「Clovernet Standard」がおすすめです。NECのClovernet Standardは、インターネットVPNのデメリット面を補完し運用面のアウトソーシングを付加価値としたマネージド型のインターネットVPNです。ぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか。

>>NECのインターネットVPNを詳しく見てみる