社内ネットワーク構築の手順とポイントをわかりやすく解説!クラウドのメリットも紹介

社内ネットワーク構築の手順とポイントをわかりやすく解説!クラウドのメリットも紹介

パソコンやストレージサーバー、プリンターなどの電子機器をつなぐためには、社内のネットワークを構築する必要があります。しかし、初めて社内のネットワークを構築するケースでは、何から手をつければ良いのか分からない場合もあるでしょう。

この記事では、社内ネットワークの構築手順について分かりやすく解説します。

目次

社内ネットワークの仕組み

社内のネットワークは、主にLAN(読み方:ラン)とWAN(読み方:ワン)の2種類の規格に分けられます。

この章では、LANとWANについてそれぞれ解説します。

LAN

LANとは、「Local Area Network」を略した用語で、大規模なネットワークの中にある、小さなネットワークです。言い換えると、近くにある電子機器同士をつなげるためのネットワークです。

LAN
画像引用元:NECフィールディング「LAN構築サービス」

例えば、社内で共有されたExcelなどのファイルを閲覧するために、パソコンをサーバへ接続することがありますが、この機器同士をつなぐネットワークがLANです。パソコンとプリンターをつなぐネットワークもLANと称されます。

LANは、家庭内やオフィス、比較的せまいエリアある電子機器を、安全かつ高速に接続できます。またLANには、直接ケーブルでつなぐ有線と、電波を使用して接続する無線があります。

有線LANとは

有線LANとは、物理的なケーブルで電子機器同士をつなげたネットワークです。普段会社で使用しているパソコンは、一般的にハブと呼ばれるネットワーク機器に一旦接続され、最終的には社内サーバへ接続します。これらは全てLANケーブルという物理的な線によって接続されています。

無線LANとは

無線LANとは、無線通信を使用したネットワークです。無線機能を有したパソコンやスマートフォン、タブレットを無線アクセスポイントや無線機能付きのルータを経由して通信を行うネットワークです。例えば、社内で会議を行う際、ノートパソコンを持ち込み通信ができているのは、無線LANを使用しているからです。

WAN

WANとは、「Wide Area Network」を略した用語で、複数ある小規模なLANが接続された大規模なネットワークです。言い換えると、遠くにある電子機器同士をつなげるためのネットワークです。

WANは、LANでは通信ができないエリアの電子機器同士をつなげることが可能です。一つのビル内にあるパソコンは、別の階のサーバへ接続するためにはLANで充分ですが、九州支社のパソコンで東京のサーバへ接続したいケースではLANでは難しいのです。

WAN
画像引用元:NEC「マネージドWANサービス」

ルータと呼ばれるネットワーク機器を利用することで、LANとWANを接続させれば、離れたエリアにある電子機器同士も通信できるようになります。

社内ネットワークを構築する手順

ここでは、社内ネットワークを構築する手順を解説します。

1.システム構築に必要な要件や現状を調査する

手順としては、まず構築に必要な社内の要件や現状を調査することです。社内で抱えているネットワークに関する課題や問題点を洗い出し、これから実施するプロジェクトに必要なネットワーク環境について洗い出します。

2. 調査結果をもとにシステム設計をする

現状の調査後、結果に基づいてシステム設計を実施します。この際の注意点は、設計はシンプルにすることです。複雑なシステムにしてしまうと、トラブルが発生した際に原因の特定に時間がかかってしまうからです。また、復旧の際に設定ミスなどを起こした場合、重大なシステムエラーにつながる恐れもあります。

したがって、多くの社員が利用する社内ネットワークは、可能な限りシンプルな設計にしましょう。

また、シンプルなシステム設計を重視するあまり、セキュリティ面が脆弱では問題です。シンプルな設計かつ、高いセキュリティを確保できる設計が望ましいです。

3.ネットワークの運用管理方法をマニュアル化する

ネットワークの構築後、運用管理方法をマニュアル化します。マニュアルがなければ、システムトラブルや疑問が発生するたびに、担当者へ確認しなくてはならないからです。

突然の障害が発生した際、対応方法をマニュアル化しておけば迅速な対応(復旧)が可能になります。なお、マニュアルは各部署に配置し、誰が読んでも対応方法が分かる内容で作成することが重要です。

社内ネットワークを構築するときのポイント

こちらでは、社内ネットワークを構築する際のポイントについて解説します。

社内ネットワークの種類を決める

会社の業務体制に合わせて、社内ネットワークの種類を決定しましょう。決まった机、決まったエリアで仕事をする社員が多い会社であれば、有線LANが向いているでしょう。物理的なケーブルの配線工事が発生しますが、通信の安定性やセキュリティ性には優れています。

一方で社員には決まったデスクを設けないフリーアドレスを採用している会社では、無線LANを採用する方が業務効率の点を考慮すると良いでしょう。配線工事による初期費用を軽減でき、すっきりとした働きやすいオフィス環境を構築できます。

社内ネットワークの構築に必要なものを揃える

社内ネットワークを構築するにあたり、以下で紹介するものが必要となります。

  • ルータ(Wi-Fiルータ)
  • LANケーブル
  • パソコンなどのデバイス機器
  • ハブ
  • Wi-Fiアクセスポイント
  • ファイルサーバ
  • クラウドストレージ

ルータ(Wi-Fiルータ)

ルータとは、複数あるパソコンなどの端末をインターネットへ接続するために必要なネットワーク機器です。有線LANでは、LANケーブルを直接接続することで使用できます。無線でルータへ接続するためには、無線LAN機能が搭載された無線LANルータ「Wi-Fiルータ(読み方:ワイ・ファイ・ルータ)」が必要です。

LANケーブル

LANケーブルとは、パソコンやサーバ、プリンターなどを有線で物理的につなぐケーブルのことです。一般的にLANケーブルと称されますがUTPケーブルともいいます。利用可能な通信速度によってカテゴリが異なっており、一般的な「Cat5E(読み方:カテゴイー)」や「Cat6(読み方:カテロク)」は1Gbpsに対応しています。「Cat7(読み方:カテナナ)」は、最高で10Gbpsまでの速度を出せます。

パソコンなどのデバイス機器

LANを通して接続できるデバイス機器には、以下のようなものが挙げられます。例えばオフィスの自分のデスクでパソコンを使って作成した資料を印刷したいとなった場合、離れた場所にあるプリンターへ接続し、出力させることもできます。

  • サーバ
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • ハブ
  • ルータ
  • ONU(光回線終端装置)
  • IP電話機
  • 無線アクセスポイント
  • 複合機(プリンター)

ハブ

ハブとは、複数のLANケーブルを集約するネットワーク機器の名称です。送信されてきたデータに関して、MACアドレスを基に、送信先の端末だけにデータを送ります。MACアドレスとは機器固有の識別番号です。この機器を正式にはスイッチングハブと呼び、ネットワーク機器における「ハブ」というと、このスイッチングハブを指すケースが一般的です。

Wi-Fiアクセスポイント

Wi-Fiアクセスポイントとは、パソコン、スマートフォン、タブレットなどのWi-Fi(無線LAN)機能を搭載した端末をWi-Fiで通信できるようにするための機器です。Wi-Fiアクセスポイントを設置すれば、有線LANと無線LANを相互に変換でき、Wi-Fi接続ができるようになります。

ファイルサーバ

ファイルサーバとは、社内のLAN上でファイルの管理や共有ができるサーバ(サービスを提供してくれる機器)です。ファイルサーバは社内だけでなく自宅や社外からもデータ共有が可能で、業務を効率的に進めるために、なくてはならない存在です。

クラウドストレージ

クラウドストレージとは、オンライン上でファイルの共有が可能なサービスです。インターネットなどに接続されたサーバ内のストレージ(データ保存場所)へファイルを保存できるため、いつでもどこからでもそのファイルへアクセスできます。テレワークによって自宅から作業をする際や、複数拠点ある企業などでの利用に最適です。

社内ネットワークをクラウド化するメリット

社内ネットワーク構築の際、クラウド型ネットワークを使用することで、ルータ機器の管理を一元化できコストも削減できます。拠点数を多く抱える企業では、SD-WAN(読み方:エス・ディー・ワン)の採用がおすすめです。SD-WANとは「Software Defined Wide Area Network」の略語で、物理的なネットワークで構築したWAN上に仮想的なWANをソフトウェアによって構築して管理する技術です。

従来のWANサービスは、ネットワークに変更を加えるたびに、拠点に設置された全てのネットワーク機器の設定変更が必要でした。しかしSD-WANでは、ネットワーク機器の設定変更を必要とせず、ソフトウェアによってネットワーク制御を一元管理できます。複数拠点をもつ企業には、社内ネットワークをクラウド化することが向いているでしょう。

また、クラウド化にはSD-WANなどの新しい技術を採用するケースもあるため、大規模なネットワーク管理ができる運用管理者が必要になります。経験の浅いエンジニアでは、不測の事態が発生した際に問題解決までに時間がかかってしまいます。

クラウドネットワークならClovernetがおすすめ

AWSでネットワークを構築した際のイメージ2
画像引用元:NECネクサソリューションズ「Clovernetクラウドネットワーク」

NECネクサソリューションズの「Clovernet Cloud Network」は高速で安定、かつセキュアなネットワーク環境を、低コストでシンプルに実現可能なクラウド型ネットワークサービスです。複数拠点における、自社ネットワークの新店舗の構築や、日々の運用に手間を感じている企業に向いています。

まとめ

社内ネットワークを構築するためには、社内の現況を確認して課題を洗い出し、ネットワーク設計を行う必要があります。会社の環境に合ったネットワークを選定・導入することが重要です。

社内ネットワークの構築にはクラウド型ネットワークを採用することで、コストや管理・運用の手間を削減できます。快適なネットワークを実現するなら、NECネクサソリューションズのClovernetクラウドネットワークが最適です。IPv6 IPoE接続にも対応しており、Microsoft 365向けの通信をオフロードさせて負荷を分散させるので、快適な通信環境で作業ができるでしょう。クラウド型ネットワークならではの低コストかつ簡単な構築が可能で、働き方改革にも有益です。

>>Clovernetクラウドネットワークのサービス内容を見てみる