IPoEでVPN接続する方法は?PPPoEとの違いもわかりやすく解説

IPoEでVPN接続する方法は?PPPoEとの違いもわかりやすく解説

インターネットサービスの申込み時に目にすることがある、PPPoE(読み方:ピー・ピー・ピー・オー・イー)とIPoE(読み方:アイ・ピー・オー・イー)。共にインターネットへの接続方式ですが、内容は異なります。働き方改革などの影響で社内システムがクラウド化される現代において、ネットワークを快適に利用するためには、これらの方式について理解することが必要です。この記事では、PPPoEおよびIPoEについて分かりやすく解説します。

目次

従来の接続方式「PPPoE」とは

PPPoEとは、PPP over Ethernetを略した用語で、従来からあるインターネットの接続方式です。 そもそもPPPとは「Point-to-Point Protocol」を略した用語で、電話回線網を使用した1対1(=ポイント・トゥ・ポイント)の通信で利用される規格を指します。

PPPoE方式は、通信する際にインターネットサービスプロバイダーと電話回線網を接続する網終端装置を必ず経由します。曜日や時間帯によって通信量が一気に増加すると、網終端装置がボトルネックとなってしまうことで、ネットワーク遅延を引き起こす原因となるのです。

次世代の接続方式「IPoE」とは

IPoEとは、IP over Ethernetを略した用語で、インターネットで情報を送受信するための光回線に特化した次世代の接続方式です。

そもそもIP(読み方:アイ・ピー)とはInternet Protocol(インターネット・プロトコル)のを略した用語で、インターネット上でコンピューター同士が通信を行うために定められた約束ごと(=プロトコル)を指します。このプロトコル(約束ごと)に則って、社内のイーサネットから直接インターネットに接続する方式がIPoEです。なお、イーサネットとは、パソコンやプリンターなどをつなぐ、有線LAN(読み方:ラン)の通信規格です。

PPPoEとIPoEの違い

ここでは、PPPoEとIPoEの違いについて解説します。

PPPoEとIPoEの主な違いは以下の通りです。

  • 通信速度
  • 回線の混雑のしやすさ
  • 利用者数
  • 設定方法
  • 対応規格

従来型のPPPoE接続では、通信速度は最大1Gbpsでしたが、IPoE接続では最大で10Gbpsの通信が可能です。これらの速度はベストエフォートと呼ばれる理論値で、必ずその最大速度が保証されることではありません。時間帯や、使用している端末のスペックなど、通信環境によって速度は大きく変わってきます。

PPPoE接続では、特にインターネットを多く利用する夜間帯は混雑するため、ネットワークの遅延が発生しやすい特徴があります。PPPoEでは網終端装置を必ず経由しなければならなく、ボトルネックが発生することでネットワーク遅延を引き起こすのです。

テレワークが急増している昨今では、大事なリモート会議においてスピーカーの発言を聞き落としてしまったり、重要なファイルの送受信が困難であったりと、ビジネスにおいて悪影響を及ぼしてしまいます。一方IPoEでは、網終端装置を経由しない方式のため、このような問題は発生しません。

PPPoEとIPoEの主な違いを以下の比較表にまとめたので、参考にしてみてください。

PPPoE IPoE
通信速度 最大で1Gbps 最大で10Gbps
利用者数 多い 少ない
回線の混雑のしやすさ 夜間などインターネットの利用者が増える時間帯に回線が混雑し遅延が発生しやすい 混雑しにくい
設定方法 ユーザーIDとパスワードの入力が必要 自動接続
専用装置 必要 不要
※IPv4 over IPv6利用時は別途専用端末必要
セキュリティ

IPoEの理解には欠かせない通信パケット形式

IPoEの通信パケット形式はIPv6(読み方:アイ・ピー・ブイ・ロク(シックス))です。この章では、従来型のIPv4(読み方:アイ・ピー・ブイ・ヨン(フォー))を含めて解説します。

IPv6とは

IPv6とは、「Internet Protocol Version 6」を略した用語で、IPv4に継ぐ次世代インターネット接続方式です。

IP(インターネット・プロトコル)が規定するなかには、IPアドレスの管理があります。IPアドレスとは、パソコンやスマホなどの端末を識別するための番号です。従来方式のIPv4では、インターネットの普及が加速したことによって、このIPアドレスの数が足りなくなってしまう問題があり、解決すべくIPv6が開発されたのです。

IPv6におけるIPアドレスの総数は「3.4×10の38乗個」、つまり約340澗(かん)台の端末がインターネットへ接続することが可能で、事実上無限の数といっても良いでしょう。また、IPv6の接続方式はIPoEを採用しているため、高速で安定した通信を実現します。

IPv4とは

IPv4とは、「Internet Protocol Version 4」を略した用語で、従来型のインターネット通信規格です。

従来型と言っても、未だに多くの人々が使用している通信規格ですが、普及してから長い期間が経っているため複数の課題を抱えています。例えば、輻輳によるネットワーク遅延や、IPアドレスの枯渇です。特に、IPアドレスの枯渇は大きな問題で、IPアドレスが足りなくなってしまうと、インターネットへ接続できない人が発生してしまいます。

IPv4では、IPアドレスの総数は「2の32乗個」、つまり約43億個です。2022年時点での世界の人口は、80億に達すると言われているため、IPアドレスが43億個では足りなくなるのは明白だったのです。

なお、IPv4の通信方式はPPPoEを採用しています。PPPoEは、IPv4と同じく従来型の通信方式ですが、IPv6にも対応しています。そのため、対応機器の準備など、今後時間をかけてIPv6への切り替えを行うことが可能です。

IPoEでVPN接続する方法

ここでは、IPoEでVPN接続する方法を解説します。

通信速度を重視するなら「IPv6 IPoE」

IPv6 IPoEは、通信速度は最大10Gbpsと高速で回線が混雑しにくい特長があります。IPv6 IPoE方式は、網終端装置を経由せず、直接インターネットへの接続が可能なため、輻輳による遅延が起こりにくく安定した通信を可能とします。

IPv4 IPv6
PPPoE接続 遅い 遅い
IPoE接続 存在しない 速い

一方、IPv4 PPPoE、IPv6 PPPoEでは、インターネットに接続する際、網終端装置を必ず経由するため、輻輳を要因としたネットワーク遅延が発生しやすいことがデメリットです。特に、インターネットを利用する人が増える夜間帯や加入者が多い地域では、輻輳により通信速度が低下する原因になります。

通信速度の低下しやすいPPPoE方式ですが、現在も多くの企業や個人に使用されています。最大の理由は、まだIPv4からIPv6への移行が進んでいない点です。現在のWebサイトは、IPv4接続のみに対応しているサイトがまだ存在します。IPv6 IPoE方式では、そのサイトへは接続できません。IPv4 PPPoEの接続方式であれば、IPv4接続しか対応していないWebサイトも、IPv6がメインであるWebサイト双方に接続できるのです。

これらの問題を解決するのが、「IPv4 over IPv6」と呼ばれる接続方式です。

快適さを重視するなら「IPv4 over IPv6」

IPv4 over IPv6とは、IPv4方式のデータをIPv6方式へと変換して、網終端装置を経由せずにインターネットへ接続する方式です。この方式によって、IPv4しか対応していないWebサイトへも接続が可能となります。したがって、IPv6 IPoEの通信速度を確保しつつ、IPv4の制約を受けずにインターネットを快適に利用できるのです。

注意点としては、IPv6対応したルータとプロバイダが必要になってきます。プロバイダがIPv6へ対応している場合は、ルータを交換するのみですが、プロバイダが対応していない場合は、プロバイダの乗り換えが必要のため確認しましょう。

まとめ

IPv6 IPoEは、ネットワーク遅延などの問題を解決できる次世代型の接続方式です。IPv4 PPPoEにおけるIPアドレスの枯渇問題や、ネットワーク遅延などのさまざまな問題を解決するため誕生しました。従来の方式から順次切り替えられていますが、まだIPv4しか接続できないWebサイトも多く存在することから、全ての切り替えができていないのが現状です。

快適なネットワークを実現するなら、NECネクサソリューションズのClovernetクラウドネットワークが最適です。高速で安定かつセキュアなネットワーク環境を、低コストで簡単に導入できます。IPv6 IPoE接続にも対応し、Microsoft 365向けの通信をオフロードさせ負荷も分散します。クラウドだからこそ低コストで簡単、スピーディーに構築でき、働き方改革にも有益です。

>>Clovernetクラウドネットワークのサービス内容を見てみる