マルチクラウドネットワーク(MCN)とは|必要性やマルチクラウドとは何かを解説

マルチクラウドネットワーク(MCN)とは|必要性やマルチクラウドとは何かを解説

IT環境が複雑化する中で、複数のクラウドサービスを組み合わせて効率的に管理・運用するマルチクラウドネットワークが注目されています。本記事ではマルチクラウドネットワークがどのようなものなのか、必要性やメリット、デメリットについて解説していきます。

目次

マルチクラウドネットワーク(MCN)とは

マルチクラウドネットワークとは、マルチクラウド環境を実現するためのネットワークです。複数のクラウドサービスプロバイダーにまたがって構築し、複数のクラウドサービスを組み合わせて、シームレスな環境を構築することができます。マルチクラウドネットワークを構築して用途別のクラウドサービスを導入にすることで、それぞれの利点を最大限に生かすことが可能です。

ただし、マルチクラウドネットワークを構築する場合、複数のクラウドプロバイダーを統合することが必要であり、セキュリティやデータの整合性の問題など、さまざまな問題が発生するリスクがあります。導入にあたっては、専門的な知識・経験を持つ社員や外部企業の支援を受けることがおすすめです。

マルチクラウドネットワークの必要性

複数のクラウドサービスをシームレスに統合し、使いやすくセキュリティに優れた環境を構築するには、マルチクラウドネットワークが必要不可欠です。

マルチクラウドネットワークなら、この機能にはあのサービス、あの機能にはこのサービス、と複数のサービスをいかようにも組み合わせることができ、それぞれの利点を享受できます。

また、災害への備えとしても有効です。マルチクラウドなら、どれか1つのサービスが災害の影響で使えなくなっても、残りのサービスで業務を継続できます。

マルチクラウドネットワークのメリット

マルチクラウドネットワークの主なメリットは以下のとおりです。

  • 企業ネットワークと複数のクラウド接続の一元管理が可能
  • セキュリティ強化が図れる
  • マルチクラウドのネットワーク運用効率がアップ

それぞれ詳しく解説していきます。

企業ネットワークと複数のクラウド接続の一元管理が可能

煩雑な管理から解放され、ネットワークの最適化が図れる点は大きなメリットです。

企業ネットワークと複数クラウド接続の一元管理により、作業負荷を軽減することができます。また、クラウドごとに異なる帯域幅を効率的に管理するのにも役立ちます。一元管理が実現すれば、需要に合わせた追加や削除といったクラウド接続の柔軟な運用も可能です。通信量の削減によるコスト削減も期待できるでしょう。

セキュリティ強化が図れる

一元管理により、ネットワークの可視性を高めることができ、セキュリティ上の脅威の早期発見・対処が可能となります。

ネットワークが複雑になると可視性が低下してセキュリティの確保が難しくなりますが、マルチクラウドネットワークなら一元管理によりこの問題を解決可能です。また、アクセスの管理は情報漏えいや不正アクセスの防止にも役立ちます。

マルチクラウドのネットワーク運用効率がアップ

一元管理によるメリットとして、ネットワークの運用効率のアップが挙げられます。ネットワークの把握や管理の煩雑さから解放され、稼働を大幅に効率化することができます。

マルチクラウドネットワークのデメリット

複数のクラウドサービスを活用し、より自社のニーズに合った環境を構築できるのがマルチクラウドネットワークのメリットですが、利用サービスが増える分コストが発生します。自社にとって必要なサービスの範囲を慎重に見極めなければなりません。

必要なサービスの選定やマルチクラウド環境の構築には専門知識が必要な点において、注意が必要だといえるでしょう。

マルチクラウドネットワークの使用例

マルチクラウドネットワークについて、よりイメージしやすいようにいくつか使用例を紹介します。

  • ガバナンスの改善

    複数の国に事業所を持つ場合、それぞれの国の方に対応したサービスを使い分けなくてはなりません。そこで、マルチクラウドネットワークにより、各国のクラウドサービスを管理・運用します。

  • 機能の使い分け

    たとえば業務ごとに適した技術を提供するクラウドサービスを使い分ける場合にも、マルチクラウドサービスが役に立ちます。たとえば、画像に強いAIサービスと、翻訳に強いAIサービスの使い分けができます。

  • BCP対策

    複数のサービス利用により、障害や災害などが発生した場合も事業を継続できるように対策します。万が一の際にもビジネスがストップしてしまわないためには、1社に依存しない体制の構築は有効な対処だと言えます。

まとめ

本時期では、マルチクラウドネットワークの基礎知識と、マルチクラウドのメリット・デメリットを解説し、使用例の紹介もしました。マルチクラウドネットワークの導入にあたっては、「クラウド環境を提供するベンダーの選定」が不可欠です。このとき、各クラウドベンダーの長所と短所を理解した上で、適切な選定を行う必要があります。

マネージドVPNサービスのClovernet Standardでは、マルチクラウド対応のプランも用意しています。AWSやMicrosoft Azure、Oracle Cloud Infrastructure、NEC Cloud IaaSとの連携が可能です。設計・構築から運用までワンストプで任せられるClovernetをぜひご検討ください。