ネットワーク診断とは|重要性や診断の方法などを解説

ネットワーク診断とは|重要性や診断の方法などを解説

ネットワーク診断の重要性は年々高まりつつあります。理由として、サイバー攻撃や標的型攻撃は常に進化し、攻撃対象もまた日々変化していることが挙げられます。では、そのような悪意ある攻撃からウェブサイトを守るには、どうすればよいのでしょうか。本記事ではネットワーク診断による対処法について解説しますので参考にしてください。

目次

ネットワーク診断(プラットフォーム診断)とは

ネットワーク診断(プラットフォーム診断)とは、ネットワーク、OS、ミドルウェアにおける脆弱性診断です。ここでいう脆弱性とは、これらのセキュリティ上の弱点や問題点、欠陥のことを指します。

ネットワーク診断には、企業の信頼を失墜させたり、重大な機密情報を外部に流出させたりといった情報漏えいのリスク低減や、ウェブサイトを閲覧するユーザーが悪意ある攻撃を受けないようにするなどの重要な役割があり、ウェブサイトを運営する企業や個人にとって、その必要性が高まりつつあります。

セキュリティ診断の種類は、主に以下の2つです。

  • プラットフォーム診断
  • Webアプリケーション診断

ネットワーク診断は、オペレーティングシステムやミドルウェア、ポートの設定などに不備がないかチェックする診断方法です。一方でURLの診断を行い、Webアプリケーションの脆弱性がないかを検査するのがWebアプリケーション診断です。

ネットワーク診断の重要性

次に、ネットワーク診断の重要性について詳しく見ていきましょう。サイバー犯罪者たちは、シンプルなツールやクラウドサービスを利用してWebサイトへの攻撃によって被害を増やし続けており、Webサイトを守るためには、定期的な脆弱性診断が必要不可欠になっています。

ネットワーク診断の具体的なメリットは、主に2つあります。

  • ネットワークの脆弱性を突いた不正アクセスによって起きる機密情報や個人情報の漏洩を防止できる
  • ウェブサイトやデータの改ざん防止によるサイト閲覧者や、運営者に対する不利益の発生を防ぐ

特に、ECサイトなど大量の個人情報を扱っている企業には、情報漏えいがビジネスに致命的な影響を及ぼすリスクを負っています。また、脆弱性が悪用されてWebサイトを攻撃の踏み台にされる脅威にもさらされています。

企業が安心して営業活動を続けるためには、ネットワーク診断による定期的な脆弱性診断により、これらのリスク・脅威が現実となることを防がなければなりません。

ネットワーク診断の診断項目

ネットワーク診断の診断項目は以下の通りです。

【ネットワーク診断の診断項目】

診断項目 診断内容
情報の露呈
  • ユーザーやシステムの不本意な情報の露呈があるかを確認
ホストのスキャン
  • TCP全ポートに対するポートスキャンにより、ホストの応答を確認
実行中のサービスの検出
  • バナー情報などからソフトウェアバージョンを検知
  • バージョンに存在する脆弱性を調査
ネットワークサービスの脆弱性
  • DNSに関する調査
  • 再帰問い合わせの可否を確認
  • DNSゾーン転送の可否を確認
メールサーバに関する調査
  • メールサーバでの第三者中継の可否を確認
  • VRFYコマンド、EXPNコマンドの可否を確認
FTPに関する調査 Anonymousユーザーの許可・権限を確認
Windowsネットワークサービスに関する調査
  • インターネット経由でのアクセス可否を確認
  • システム・ユーザ情報の取得可否を確認
  • バナー情報などからソフトウェアバージョンを検知
SNMPに関する調査
  • SNMPによるシステム情報の取得可否を確認
  • デフォルトコミュニティ名(PUBLIC,PRIVATE)による接続可否を確認
SSHサーバに関する調査
  • パスワード認証が許可されていないか確認
データベースサーバに関する調査
  • インターネット経由でのアクセス可否を確認
SSL/TLSの脆弱性
  • SSL/TLSプロトコルの調査
  • 検出された全てのソフトウェアにおいて、脆弱性が存在するSSL/TLSプロトコルをサポートしていないか診断
SSL/TLS暗号スイートの調査
  • 検出された全てのソフトウェアにおいて、強度等に問題のある暗号化方式のサポートを確認
認証に関わる脆弱性
  • 認証情報の平文での送信に関する調査
  • 検出された機器、およびソフトウェアにおいて認証情報が平文で送信されていないかを確認
各種OSの脆弱性
  • Windowsの既知の脆弱性
  • バージョン・得られたシステム情報より、未適用パッチを特定します
その他各種OSの既知の脆弱性
  • バージョン情報より既知の脆弱性を特定
悪意あるソフトウェア
  • バックドアの調査
  • バックドアの可能性が高い、非標準ポートで動作しているサービスを確認
P2Pソフトウェアの調査
  • P2Pソフトウェアが動作していないか確認
ネットワーク機器の脆弱性
  • 各種ネットワーク機器の既知の脆弱性
  • 機器が特定できた場合、既知の脆弱性を確認

このように、ネットワーク診断の項目は多岐にわたっており、多様な診断項目に基づいてネットワークの脆弱性を調査します。

ネットワーク診断を実施するメリット

ここからは、ネットワーク診断のメリットについて紹介していきます。

ネットワーク診断には以下のようなメリットがあります。

  • 情報漏えいの防止につながる

    企業の情報漏えいが相次いでいる現状において、ネットワーク診断による実績は顧客からの信頼を得るうえで有効です。

  • 第三者からの攻撃を防ぐ

    ネットワーク診断によって脆弱性を把握すれば、どこから手を付けるべきかがわかります。優先順位をつけ、特に重要な部分から対策を進めるのがスムーズです。

情報漏えいの防止に繋がる

情報漏えいの防止につながる点は、ネットワーク診断のメリットの1つです。

情報漏えい事故による損害賠償費用は高額で億単位での損害賠償も発生するなど、事後対応費用を含め、企業にとって大きな金額的な損失要因となっています。また、情報漏えい事故では、機会損失も発生しかねません。たとえば、被害の拡大防止のために業務停止を行う必要があったり、社会的信用損失による顧客離れが発生したりすることが考えられます。

さらに、情報漏えい事故による法的制裁の可能性もあります。経営者や役員・担当者は、業務上の過失として刑事罰やその他の責任を問われるおそれもあるのです。

このようなリスクから企業を守るために、情報漏えい防止策としてネットワーク診断の実施はとても有効な対策だといえます。

第三者からの攻撃を防げる

第三者からの攻撃を防ぐ点もネットワーク診断を行うメリットです。

近年では、ネットワーク診断を怠ったがために、ウェブサイトやデータの改ざんのよる被害に遭ってしまうケースが少なくありません。このような被害は、Webサイトの運営者だけでなく、閲覧者にも大きな損害を与えます。

サイトの攻撃者はWebサイトを改ざんすることで、不都合な情報拡大や、閲覧者をウイルスに感染させたりすることができます。ネットワーク診断を実施すれば、攻撃者が利用できてしまうような脆弱性を発見して修正可能なうえ、診断を通じてセキュリティに関する問題を理解し、対策を講じられます。ネットワーク診断を怠らずに実施することが、Webサイトやデータのセキュリティを守るために不可欠です。

ネットワーク診断をする方法(Windows)

ここからは、Windowでのネットワーク診断の実施方法を紹介します。

大まかな手順は、以下のとおりです。

  1. ネットワーク診断を起動する

    「ネットワーク診断」を起動します。環境により手順は異なりますが、たとえばWindows11の場合は「すべてのアプリ」→「ネットワーク診断」にて起動できます。

  2. ネットワーク診断を実行する

    次に、確認したいネットワークを以下から選択します。

    • 有線LAN「イーサネット」
    • 無線LAN「Wi-Fi」

    クリック後、診断が開始されます。完了するまで待ちましょう。

  3. 診断結果に応じて対処する

    診断結果が表示されたら、結果に応じた対処を実行してください。修正後、問題が解決すれば終了です。

まとめ

どんな業種・業態でも、Webのセキュリティ対策が欠かせません。ネットワーク診断による脆弱性のチェックにより、セキュリティ事故を未然に防ぐことが重要です。セキュリティ強度は今のままで充分なのか、また性能に対して運用コストは妥当かどうかなど、自身では判断しにくいネットワーク状況における問題点を定期的に専門家に診断してもらうようにしましょう。