ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. サイトのご利用について
  3. フォームの送信がうまくいかない場合
  4. 環境依存文字の使用
ここから本文です。

環境依存文字の使用

フォームの送信がうまくいかない場合、環境依存文字の使用はお控え下さい。

環境依存文字とは

環境依存文字とは、Windows Vistaにて新しく追加された新文字規格であるJIS2004のことです。

環境依存文字を使用した場合

当サイトでは環境依存文字をサポートしておりませんので、環境依存文字を入力しますと、入力した文字の字形が変化したり、文字コードが判別できず、正しく表示、登録できない場合があります。
Windows XPにおける補助漢字も同様です。

環境依存文字の確認方法

Windows Vistaが搭載されたパソコンでIME2007をご利用の場合、文字変換の際に、「環境依存文字」と表示されます。

環境依存文字に関する更に詳しい情報

新文字規格JIS2004及び補助漢字について

当サイトにおいてはWindows Vistaにて採用されました新文字規格であるJIS2004及びWindows XPにおける補助漢字はサポートしておりません。
当該文字を入力された場合には、字体が変化したり、文字表示が出来ず、正常な情報登録が出来ない場合があります。
つきましては、当該文字の使用を避けていただきますよう、お願いいたします。

JIS2004の影響

JIS2004利用に当たって、JIS2004に対応していないシステムを利用した場合、入力した文字の字形が変化したり、文字コードが判別できず、正しく表示、登録できない場合があります。

文字の字形が変わる

Windows XP と Windows Vista とが混在している環境下では、同じ文字コードを持つ文字が、異なる字体で表示されたり、印刷されたりします。
サーバ側で印刷する場合、Windows Vista の画面上の字体とは異なる字体で印刷されます。

[図] 文字の例

扱える文字の数が増える

Windows VistaのIME標準辞書に増えた文字が登録されており、クライアントマシンである Windows Vista からの送信データにそれらの文字が入り込みます。

[図] 文字の例

増えた文字のコードはUnicode だけ

Shift_JIS/EUC-JP を内部コードとして処理していたシステムに支障があります。
また、Unicode を内部コードとして処理していても、想定外のコード値に適切に対応していない場合、問題が発生する可能性があります。

[図] 文字の例

Windows XPとWindows Vistaの文字規格の違い

Windows Vistaは、初めてJIS2004が採用されたオペレーティングシステムであり、使用できる文字種が大幅に拡張されています。

[図] 文字規格の違い

IMEの使用漢字をJIS90に制限する方法

IMEにおいては、JIS2004の利用がデフォルト設定になっています。JIS90に使用制限する場合には、設定変更を行う必要があります。
設定変更手順は以下の通りです。

[図] 手順

ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る