ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ニュース
  3. プレスリリース
  4. 2003年
  5. 記事詳細
ここから本文です。

プレスリリース 2003年

金融機関向け電子マニュアルソリューション

XML化をより簡単にする機能強化、本日より販売開始

~規程など版管理の複雑な文書を、簡単、確実に管理~

2003年9月29日

概要

NECネクサソリューションズ株式会社(本社:東京都港区、社長:松本秀雄)はこのほど、Webベースの金融機関向け「XML電子マニュアルソリューション」について、作成した文書の新旧比較の自動化をはじめ、文書作成・編集の作業効率を大幅に向上する機能強化を図り、本日から販売活動を開始しました。

金融機関では、関連法令などの変更にともない、事務規程や業務マニュアル、関連通知などの改定・変更が頻繁に行なわれています。その際、膨大な量の文書を扱うこととなり、改版の版管理も非常に煩雑な作業となっています。このため金融機関からは、XML活用を拡大することで、規程集などを電子媒体化し、Webで管理・閲覧するなど、文書改定・管理作業のさらなる簡素化を求める声が高まっています。

今回の機能強化では、K-Plex社のXML文書作成ツール「ChangeMagic」やビーコンIT社のXMLデータベース「Tamino」との連携により、文書の「作成・編集」、「保存・管理」、「閲覧・検索」の各作業段階で大幅な作業効率の改善を実現しました。
「ChangeMagic」との連携により、元文書の作成・編集を普段使っている文書作成ソフト(MS-WORD)で行うことができ、(1)改版した文書の新旧対照表の自動作成、(2)改訂箇所の解説および通知文書の自動作成、(3)メモ(付箋)の自動作成、(4)RTF、PDFファイルへのリアルタイムフォーマット変換などを実現しています。この機能強化により改定、管理作業の工数を半分以下にすることを目標としています。
また、「Tamino」との連携により、保存してある文書の検索スピードの向上を実現しており、大規模な文書管理システムにも対応可能としています。

提供価格は、導入コンサル、システム構築を含め1千万円より。(除くハードウエア)本日から販売を開始いたします。
NECネクサソリューションズでは、今後3年間で、全国の金融機関を中心としたマーケットに、約100セットの販売を見込んでおり、今後は、自社iDCセンターと連携し、アウトソーシングによるサービスメニューも充実させていく計画です。

金融機関向け電子マニュアルソリューションの概要

1. 規程文書の編集・管理・公開トータルでの効率化を実現<

「共同執筆される大量データ」、「日常的に発生する改訂」、「長期に渡っての保管」という規程集が持つ文書特性を踏まえた上で、お客様の電子化に対するニーズを分析、国際標準規格のデータフォーマットであるXMLを中心に文書管理エンジンや全文検索エンジン等のコンポーネントを組み合わせ、規程文書の文書ライフサイクル(編集・管理・公開)全体の効率化と利便性向上を実現します。

2. ChangeMagicの特長

(1) 文書構造単位の編集履歴管理

従来のファイル単位の管理からより細分化し、文書構造単位に「いつ・だれが・なぜ」修正を行ったのかという編集履歴の管理が可能です。また、この履歴情報から編集前と編集後を比較した「新旧対照表」を自動生成、確実な編集作業を実現します。

(2) 文書管理と編集機能の融合

文書管理システムから編集の為に文書をチェックアウトすると自動的にWebブラウザ内で文書編集環境「ChangeMagic」が起動し、編集後には自動的に文書管理サーバへチェックインされます。これにより編集中文書の不正コピーや取り違え等のリスクを回避します。

(3) 汎用アプリケーションの活用

MS-WORD、Webブラウザなどユーザの使いなれたツールで利用できるため、社内編集者はXMLに対する特別な知識を必要とせずに、効率良く規程文書の編集作業が可能です。

3. Taminoの特長

(1) Taminoで管理する文書の特長

XML化された文書を変換・マッピングすることなく管理が可能なため、単なるデータ共有ではなく、文書の集まりとして扱える。また、情報の構造化(親子関係など)が可能です。

(2) 文書の一元管理

業務上発生する様々な文書や図、画像等も同じストレージで管理が可能です。

(3) 柔軟な検索

RDBでは苦手なXML文書に対する横串検索や形態素解析による自然な日本語の検索が可能です。

(4) XMLの標準仕様をサポート

XPath、XQuery、XML Schema、XSLT、XML Signature等のXMLスタンダードを使用することが可能です。

関連情報

添付資料-2

K-Plex Inc 会社概要

  • 1.社名

    K-Plex Inc(ケープレックス・インク)

  • 2.本社所在地

    2880 Zanker Road, Suite 203, San Jose,CA95134
    2000年3月30日登記、米国Delaware州

  • 3.日本支社所在地

    〒160‐0014 東京都新宿区内藤町1-11 内藤町ビルディング7階
    2001年1月9日支社登記

  • 4.取締役

    及川 一成、Ken Jenkins 楠本 浩二

  • 5.事業内容

    ソフトウエアプロダクトのグローバルな開発・販売・サービス提供

添付資料-3

ビーコン インフォメーションテクノロジー

  • 1.社名

    株式会社ビーコン インフォメーション テクノロジー

  • 2.本社所在地

    〒150‐0022 東京都新宿区西新宿1-6-1 新宿エルタワー

  • 3.社長

    石井 義興

  • 4.資本金

    8億925万円

  • 5.事業内容

    ソフトウエアプロダクトの開発・販売等

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NECネクサソリューションズ株式会社 金融メディアエネルギー事業部 第二営業部 宮川
Tel: 03-5730-5132

本件に関する報道関係からのお問い合わせ先

NECネクサソリューションズ株式会社
人事総務本部 広報担当
E-mail: pr@nexs.nec.co.jp
Tel: 03-5730-5023
住所: 〒108-8338 東京都港区三田1-4-28 三田国際ビル

NECネクサソリューションズは、
「確かな未来を まごころITサービスで」
を基本姿勢としてお客様の成長と革新に貢献します。

NECは、社会ソリューション事業を推進する
ブランドメッセージ「Orchestrating a brighter world」のもと、
今後の世界の大きな変化(メガトレンド)に対応する
様々な課題解決や社会価値創造に貢献していきます。
詳細はこちらをご覧ください。
https://jpn.nec.com/profile/vision/index.html

Orchestrating a brighter world

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る