ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ニュース
  3. プレスリリース
  4. 2012年
  5. 記事詳細
ここから本文です。

プレスリリース 2012年

多機能スケジューラ「予約&スケジューラ」が、スマートフォンから利用可能に

「予約&スケジューラSmartPhoneオプション」を販売開始

2012年5月14日

概要

NECネクサソリューションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:森川年一)は、13万IDを超える実績を持つ多機能スケシューラ「予約&スケジューラ」が、スマートフォンから利用できる「予約&スケジューラSmartPhoneオプション」の販売を本日より開始いたします。

背景

「予約&スケジューラSmartPhoneオプション」と「スマートフォン連携基盤」を使うことで、個人、グループのスケジュール予約、会議室、社用車、プロジェクタなどの設備予約が、スマートフォンからも簡単にセキュアに利用できるようになります。
スマートフォン専用画面を用意し、情報の見やすさや操作性を重視しました。

様々なブラウザソフトで動作するため、機種やOSへの依存がなく、NEC製スマートフォンMEDIASなどのAndroid 2.3端末に加え、iPhone4、iPhone4SなどのiOS5搭載端末に対応します。

スマートフォンの業務利用の拡大が進んでおり、外出先や出張先でも、メールの確認やスケジュール管理、インターネットでの情報検索が手軽に行えるようになってきています。
今後さらにスマートフォンの活用範囲や利便性が向上することを受け、今回のオプションを開発しました。

現在このソリューションは、大手製造業様で社内LAN環境にてリリースされており、社員がスマートフォンをそれぞれ持ち、工場の敷地内、遠隔地の工場、本社等どこにいても、電話だけでなく、お互いのスケジュールの確認、会議室、設備の手配等が行え、業務の効率化が図られています。

すでに当社の「予約&スケジューラ」をお使いのユーザが、スマートフォンで利用するためには、最新バージョンの予約&スケジューラVer7.5.3に、バージョンアップすることが必要になります。
保守契約を頂いているお客様は無償で最新バージョンの媒体を提供しています。

予約&スケジューラSmartPhoneオプションの主なサービス機能

  • 個人予定(日)
  • 個人予定(月)
  • 設備予約(日)
  • 予約情報確認
  • 個人予定(週)
  • グループ予定
  • 設備予約(週)
  • 予約登録/修正

販売価格

1. 「予約&スケジューラSmartPhoneオプション」 ライセンス費

1ライセンス当り 1,600円(ボリュームディスカウントあり)

2. 「予約&スケジューラSmartPhoneオプション」年間保守費

1ライセンス当り 240円(ボリュームディスカウントあり)

3. 「予約&スケジューラ(本体)」(ボリュームディスカウントあり)

サーバライセンス費 : 1サーバ当り 200,000円  年間保守費 3,000円
ライセンス費 : 1ID当たり 8,000円  年間保守費 1,200円

4. 「スマートフォン連携基盤(レイヤ2:リモート接続・認証基盤)」(注1)

参考価格:30名で利用の場合
年間利用料 初年度 834,300円(2年目以降 392,700円)


注1:関連サービス「スマートフォン連携基盤 レイヤ2:リモート接続・認証基盤」
スマートフォン経由で社外から既存のイントラネット内の各種アプリケーションに接続する際、この基盤を利用することにより、簡単かつセキュアな接続を可能にします。

※予約&スケジューラSmartPhoneオプションを社外からご利用いただくためには、上記の1、2、3、4の製品・サービスが必要です。

関連情報

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NECネクサソリューションズ株式会社
営業推進本部
久保田
Tel: 03-5730-5464

本件に関する報道関係からのお問い合わせ先

NECネクサソリューションズ株式会社
人事総務本部 広報担当
E-mail: pr@nexs.nec.co.jp
Tel: 03-5730-5023
住所: 〒108-8338 東京都港区三田1-4-28 三田国際ビル

NECネクサソリューションズは、
「確かな未来を まごころITサービスで」
を基本姿勢としてお客様の成長と革新に貢献します。



NECは、安全・安心・公平・効率という社会価値を創造し、
誰もが人間性を十分に発揮できる持続可能な社会の実現を目指します。
詳細はこちらをご覧ください。
https://jpn.nec.com/profile/vision/

Orchestrating a brighter world

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は、発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る