ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. イベント・セミナー
  3. 物流ソリューションフェア(名古屋開催)
ここから本文です。

物流ソリューションフェア(名古屋開催)

開催概要

日時 2016年 6月 28日(火) 13:00~17:30 [セミナー番号 2M6H-160041C ]
会場 NECネクサソリューションズ 中部支社
愛知県名古屋市中区錦一丁目17番1号(NEC中部ビル1階)
受付状況

締切らせていただきました。多数のお申し込みありがとうございました。

参加 無料 (事前登録制)

セミナー概要

第1部 【基調講演 13:30~14:10】「改正SOLAS条約発効に伴う国際海上輸出コンテナ総重量の確定方法の制度化」 
内容 近年、コンテナ総重量の誤申告等に起因するとみられるコンテナの荷崩れ等の事故が発生していることを踏まえ、本年7月1日より発効する改正SOLAS(海上人命安全)条約に基づき、国際海上輸出コンテナの総重量の確定方法が制度化されました。7月1日以降に船積みされる国際海上輸出コンテナについては、条約で定められた方法により重量を確定し、また確定する企業等は予め国土交通省への届出又は登録が必要になります。本講演では、制度の背景・概要や届出・登録される方の取り組む事項等を解説します。

【講師】国土交通省 海事局
第2部 【講演1 14:30~15:15】「JR貨物 国際輸送への取り組み」   
内容 JR貨物では近年国際物流分野への取り組みを強化しています。JR貨物の基本的なご紹介を踏まえて、国際輸送への取組みを具体例を交えてご説明させていただきます。

【講師】日本貨物鉄道株式会社
第3部 【講演2 15:35~16:35】「物流事業の収益性確保に向けた管理損益表の使い方」
内容 物流業界では、燃料費水準は落ち着いたものの、ドライバー不足による人件費や傭車費の上昇圧力が続いています。また、中国をはじめとした新興国の景気減速の懸念が深まり、国内輸送量の減少も予想されています。このような状況の中、これからの経営状況を改善はかるには、損益表をもとに想定効果を予め確認し、限られた物流力の配分や運賃水準の再検討、運送原価の継続改善などの施策を組合せて有効展開する事が求められます。
今回は、収益性を可視化する損益表の使い方をもとに、すぐに役立つ収益性確保の進め方を解説します。

【説明】ロジ・ソリューション株式会社
第4部 ソリューション展示 ※展示会場の受付は13時からになります
内容 ◆国際物流ソリューション
・コンテナヤード搬出入関業務システム
 (輸出入・港湾関連情報処理センター株式会社)
・通貨・通関業者向け輸出入業務システム「NEFIOS」
 (NECネクサソリューションズ)
・Sea-NACCS業務対応ゲートウェイサーバ「GATIUS」
  (NEC)
・通貨業者向けトータルソリューションシステム「Forwarder-PRO」
 (関西総合システム株式会社)
・フォワーダー業務支援ツール「Forwarderベースシステム」
 (NECネクサソリューションズ)
◆陸運業務ソリューション
・配車・運輸システム「TRANS-POINT」
 (株式会社アイティエス)
・配送計画支援システム「ULTRAFIX」
 (NECソリューションイノベータ)
・輸配送進捗管理サービス
 (NECソリューションイノベータ)
◆倉庫業務ソリューション
・入出庫在庫管理システム「ORBIS-VI」(普通倉庫、冷蔵倉庫) 
 (日本システムウエア株式会社)
・倉庫管理システム「ULTRAFIX/WMS」
   (NECソリューションイノベータ)
・物流倉庫管理システム「EXPLANNER/Lg」
   (NEC)
※展示内容は、都合により予告なく変更する場合がございます。

関連情報

主催等

主催 NECネクサソリューションズ/NEC

お問い合わせ

お申し込みに際して

同業の企業様のお申し込みはご遠慮いただく場合がございます。
お申し込み多数の場合は、抽選とさせていただくことがございます。予めご了承ください。なお、抽選の結果、受講をご遠慮いただく場合のみ、E-mailまたはFAXにて開催5営業日前までにご連絡いたします。

お問い合わせ窓口

NECネクサソリューションズ
お客様センター

電話番号: 0120-224-107
メールアドレス: nexstation@nexs.nec.co.jp

ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る