サイト内の現在位置

国際物流におけるDXの現状と課題
(オンデマンド配信)

~慢性的な人手不足の中、荷主サービス向上と業務の省力化を両立させるため、フォワーダーが取り組むべき課題とは~

開催概要

申込受付期間 2024年 5月 21日(火)~2024年 6月 21日(金) 17:00 [セミナー番号 SA240025]
会場 オンデマンドセミナー
視聴期間 2024年 6月 28日(金) ~ 2024年 7月 12日(金) 17:00
受付状況 ただいま申し込み受付中です。
お申し込み 下のボタンを押してお申し込みください。(事前登録制)
参加費 無料
リーフレット

セミナー概要

第1部 フォワーダーにおけるDXの現状と取り組むべき課題
~ 情報共有と可視化による荷主サービス向上 ~
内容 「DX(デジタルトランスフォーメーション)が提唱されて数年が経過し、貿易プラットフォームやデジタルフォワーダーが出現し、デジタル化が加速しています。しかし、依然としてアナログ業務が残りDX推進が思うように進まずお悩みのフォワーダーが多いのも現実です。さらに、労働力不足の克服に業務の省力化は不可欠ですが、貨物データの可視化といった荷主の新たな要望に応えていくためにもDX推進は喫緊の課題です。
このような現状を踏まえ、本講演ではフォワーダーがDXを推進するためのゴールの設定やステップの考え方、また荷主が期待する貨物データを可視化するサービスについてご紹介します。

【講師】公益社団法人日本ロジスティクス システム協会
    2023年度国際物流強靭化推進研究会 参加メンバー
    ハービット株式会社 代表取締役 仲田 紘司 氏
第2部 「航空海上フォワーディング業務支援サービス」の特長とお客様事例のご紹介
~ 自社スクラッチシステムからの切り替えでデジタル化・省力化を実現 ~
内容 慢性的な人手不足の中、フォワーダーにとって重複入力や進捗確認など現場の非効率解消のためのIT活用はますます重要になっています。
本講演では、当社システムによる業務省力化のポイントについて実際に導入いただいたお客様事例を交えてご紹介します。

【講師】NECネクサソリューションズ
    SCM統括部 第四システムグループ 柿本 光

お申し込みに際して

  • 同業の企業様、個人のお客様の申し込みはお断りする場合がございます。

視聴に関する注意事項

  • 受講にはPCやタブレットなどの端末と、インターネット環境が必要です。
    • (注)PCで閲覧される場合、セキュリティソフトの機能によって、当サービスを正しく利用できない場合があります。

「オンデマンド配信」視聴までの流れ

new windowこちらからご覧ください

  • 視聴期間開始前にお申し込みいただいた場合は、視聴期間開始日の前日と当日にリマインドメールをお届けします。
  • ご登録いただきました「お客様ID」「パスワード」は再視聴や次回お申込の際に必要になりますのでお取り扱いにご注意ください。

受講に必要な動作環境について

  • new window動作環境はネクプロホームページをご参照ください
  • 当セミナーのシステムはサービスの安定運用に万全を尽くしておりますが、お客様の環境やそのときの回線状況によりましてやむを得ず中断される可能性があります。その場合は当社では責任を負いかねますので、あらかじめご理解の上お申込みくださいますようお願いいたします。

関連情報

主催等

主催
NECネクサソリューションズ
協力
ハービット株式会社

お問い合わせ

お問い合わせ窓口

NECネクサソリューションズ
お客様センター
セミナー担当
メールアドレス: nexstation@nexs.nec.co.jp