ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション
  3. 経営力を強化する[会計・経理部門向け]
ここから本文です。

経営力を強化する[会計・経理部門向け]

経営力を強化する

市場環境が激しく変化する中、企業がリスクを回避し、経営力を強化するには、経営資源を的確に管理・分析し、タイムリーな意思決定を行うことが重要です。そのために、会計・経理部門は、経営や事業の見える化や、関連法規の変化への迅速な対応が求められます。

このような課題について、公認会計士・会計コンサルタントが様々な角度から情報を提供し解説します。

改めて経営の見える化を考える

第3回 セグメント会計を経営の見える化の観点から考える

前回は、「経営の見える化」コラムの第二回目として、連結会計を意識した「グループ会計」を、企業グループ全体のマネジメントの観点からお伝えした。今回は、「セグメント会計」を「経営の見える化」の観点から考察したい。

第2回 グループ会計を経営の見える化の観点から考える

前回は、「経営の見える化」コラムの第一回目として、経営の見える化の概論をお伝えした。今回は、連結会計を意識した「グループ会計」を「経営の見える化」の観点から考察したい。

第1回 経営の見える化を複眼的に考える

「経営の見える化」とは、企業活動における前提・業績目標・業績結果・課題等の情報を常に目に見える形にしておく事である。そして、「経営の見える化」にまつわる情報には、定性情報と定量情報があると考える。

最新の会計基準をアップデートする

第4回 マイナス金利における会計上の論点の解説

平成28年1月29日に、日本銀行は「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」を導入することを決定した以降、同年2月16日から、金融機関が保有する日本銀行当座預金のうち一定の部分に0.1%のマイナス金利が適用されました。そのため円LIBORや国債の利回り等でもマイナス金利が観察されています。

第3回 修正国際基準の解説

企業会計基準委員会から「修正国際基準の適用」が平成27年6月30日に公表されました。その経緯について解説します。

第2回 税効果会計に適用する税率に関する適用指針の解説

企業会計基準適用指針第27号「税効果会計に適用する税率に関する適用指針」が平成28年3月14日に公表されました。その経緯について解説します。

第1回 繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針の解説

企業会計基準適用指針第26号「繰延税金資産の回収可能性に関する適用指針」が平成27年12月28日に公表されました。その経緯について解説します。

社会情勢とともに変化する税制への備え

第6回 電子帳簿保存法におけるスキャナ保存要件のポイント

平成28年度税制改正により国税関係書類の電子化の規制が大幅に緩和されたことにより民間事業者等の文書電子化は広がることとなると思われます。そこで、今回は実施にあたり理解が必要となるスキャナ保存要件を取り上げます。

第5回 電子帳簿保存法の規制緩和で領収書等のスキャナ保存が可能に!

平成27年度税制改正において領収書等のスキャナ保存制度が改正され、対象範囲が拡大するとともに要件が大幅に緩和されました。また、平成28年税制改正において、さらに要件が緩和され、デジカメ・スマホ等での撮影についても認められることになりました。これにより、中堅・中小企業での電子化対応が現実的となり、いよいよ普及が進むことが期待されます。

第4回 建物附属設備、構築物等の減価償却方法が変更になります!

平成28年税制改正により法定実効税率を20%台にするということと引き替えに、様々な課税ベースの拡大が行われました。今回は課税ベースの拡大となった項目のうち、減価償却資産の償却方法の変更内容をご紹介いたします。

第3回 被災地は皆様の温かなお気持ちを必要としています!!

はじめに、当コラムの執筆するにあたり、平成28年4月の熊本県を震源とする地震により被災されたすべての皆様に心よりお見舞い申し上げます。一日も早い復興を心からお祈り申し上げます。 今回は被災された皆様のお役に少しでも立てるよう、災害に関する税務上の取扱いの要点を紹介致します。

第2回 消費税率引き上げ延期と適格請求書保存方式の導入

安倍首相は6月1日、首相官邸で記者会見を行い、消費税率10%への引上げ時期について、平成31年10月まで再延期する方針を表明しました。今回は、消費税率引き上げ延期と適格請求書等保存方式の導入についてお伝えします。

第1回 軽減税率の判断基準ってご存知ですか??

消費税率の引上げ時期を再延期する方針が表明され、それに併せて軽減税率の導入時期も延期されることになりました。なお、消費税率の引上げ時には引き続き低所得者に配慮する観点から、特定の課税資産の譲渡等について消費税の軽減税率制度が導入される予定となっています。

何から手を付けていいか分からない、自社に必要なソリューションって何?など 最適な方法をご提案します。

まずは、ご相談ください!

ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る