ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション
  3. 自治体ソリューション
  4. 総合行政支援ソリューション
  5. 総合窓口システム
ここから本文です。

自治体ソリューション「総合行政支援ソリューション」

総合窓口システム

概要

総合窓口システムは、これまでの窓口業務を新しい窓口業務と台帳業務に分離・分業化し、住民に最適な手続案内を行うシステムです。
住記システムの範囲に留まらない広範囲の総合窓口を実現します。

[図] イメージ図

  • 住民は総合窓口に訪れるだけで各種手続が可能。異なるフロアや建物にある組織(窓口)間も自由に連携。住民は移動する必要がありません。また、合併により庁舎が分散している地方公共団体では、組織統廃合・人員配置適正化と住民サービス維持向上が両立できます。
  • 申請すべき手続き・申請可能な手続きをシステムが自動判断します。これにより、委託職員や配置転換職員の方でも利用でき、質の高い住民サービスを提供できます。
  • 窓口での申請受付時もナビゲーション機能によってスムーズに手続き・ご案内を行うことができます。これにより、住民一人ひとりを応対する時間の短縮につながり、手続きに来られた住民の窓口での待ち時間も短縮できます。
  • [図] イメージ図

特長

手続ナビゲーション機能 1

申請すべき手続き・申請可能な手続きを、システムがナビゲート(自動判断)します。
これにより、応対者のノウハウやスキルに依存せず、住民に漏れのない確実な手続きの案内をすることが可能です。

手続ナビゲーション機能 2

手続きを進める際に必要な住民への確認事項についても、システムがナビゲートします。
窓口職員は画面に表示される文言をそのまま話すだけで、複数業務の手続きを受け付けることが可能です。今後の窓口業務の民間委託化にも対応したシステムです。

データ連携・振分け機能

窓口で複数受け付けた申請は、更新順序を意識して担当課へ振り分けられます。
並列処理が可能なため、従来の直列処理と比較して住民の待ち時間を短縮できます。

ご質問・ご相談などお気軽にどうぞ

資料請求はこちらから

ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る