ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション
  3. 基幹業務SaaS by 奉行i10
  4. 用語解説
  5. SaaSとは
ここから本文です。

基幹業務SaaS by 奉行i10

用語解説

[図] 基幹業務SaaS by 奉行i10

SaaSとは

SaaSとは、"Software as a Service"の頭文字を取った略語で、サービスとして利用するソフトウェアという意味です。

従来のソフトウェアの多くがパソコンやサーバー内において単独で動作し、インターネット接続はアップデートや補助的なデータベース参照のみとなっていました。
しかし、SaaSではソフトウェアがクラウド内で動作するようになっており、ユーザーはインターネット上でソフトウェアを利用します。インターネット接続がほぼ必須になる上に、パッケージ型と違って料金を継続的に支払う形になりますが、必要な分だけ支払えば良いため経済的です。

SaaSでは端末を選ばずあらゆる環境で一つソフトウェアを利用できるようになり、新しい端末や利用者を増やすのが容易になります。
ソフトウェアの運用自体をクラウドサービス側に任せるため、運用に必要だった人員やコストも浮きます。
従来のソフトウェアでは導入に時間もコストもかかっており、問題があったとしてもすぐにソフトウェアの切り替えることもできません。

SaaSの方式では一定期間使った後で問題があれば切り替えも容易で、必要ないと感じればサービスプランを変更することで柔軟な対応も可能です。
機動的なシステム運用を実現できることがSaaSのメリットと言えます。

ご質問・ご相談などお気軽にどうぞ

資料ダウンロードはこちらから

ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る