ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション
  3. 基幹業務SaaS by 奉行i10
  4. 用語解説
  5. 財務会計と会計システム
ここから本文です。

基幹業務SaaS by 奉行i10

用語解説

[図] 基幹業務SaaS by 奉行i10

財務会計と会計システム

財務会計とは、外部に提示する財務諸表などを指します。

財務諸表等の作成において、会計システムは必要な資料を作成するための重要な役割を担ったツールです。例えば、会計システムの主な機能として、伝票入力、決算、帳票出力などの機能が挙げられます。
会計システムの伝票に入力を行うことによって、決算時に必要な財務諸表に各勘定科目の集計が自動的に反映されたり、またシステム上でできあがった財務諸表を出力したりすることが可能です。
一度の入力によって、さまざまな資料に数値が反映されることで、財務会計がより明確で行いやすくなります。

会計システムの導入により挙げられるメリットが、入力や資料作成の手間を省くことができる点です。作業が効率化されることによって、企業の経費削減や労力の削減に繋げることができます。
また、入力した伝票が財務諸表等にすぐに反映され、管理分析など企業内部における経営にも役立てることが可能です。
さらには手書きの場合に起こる書き間違いや計算ミスのリスクを防ぐこともでき、会計の正確性を高めることができます。

会計システムを導入することで、財務会計だけでなく管理会計においても大きなメリットがあります。

ご質問・ご相談などお気軽にどうぞ

資料ダウンロードはこちらから

ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る