ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション
  3. ERPトップ
  4. EXPLANNER/Ja(エクスプランナー・ジェイエイ)
  5. 連携ソリューション
ここから本文です。

自動車部品製造業向け基幹業務パッケージEXPLANNER /Ja(エクスプランナー・ジェイエイ)

連携ソリューション

Obbligato IIIとの連携

Obbligato III(オブリガート・スリー)は、豊富な実績に基づいて生まれたPLM(ProductLifecycleManagement)ソリューションパッケージです。

PLMとは、製品開発に関する様々なデータとプロセスを、部門の枠を超えて統合管理し、製品開発リードタイムを短縮し、もの作りプロセスを改革・支援します。

Obbligato IIIとの連携

製造業における企画設計からもの作りにおける諸問題を解決します

設計部門における課題

部品表や図面など設計情報が一元管理されていない場合、情報の伝達や管理に関する工数が増大します。

  • 他部門からの頻繁な図面要求に対応できず、設計業務に集中できない。
  • 必要な図面や仕様書がすぐに探し出せない。
  • 部品の原価・品質・納期などが設計から把握できない。

生産部門における課題

設計部門側で管理している部品表などの技術情報を、生産システム側に再度入力している場合、間接工数やミスが増大します。

  • 設計が完全に終了するまで情報が見えない。
  • 設計変更が発生するたびに、生産側システムもメンテナンスするが、本当に最新なのかわからない。

課題に対するソリューション

  • 図面や部品表などの設計情報の一元管理により、生産部門からリアルタイムにデータの参照ができるようになり、間接工数の削減やリードタイムの短縮を実現します。
  • 設計変更作業のミス削減や製品開発リードタイムの短縮を実現し、生販の情報を一元化・共有し、トータルリードタイム短縮を支援します。
  • 図面、コスト、環境情報、試作プロジェクト進捗などの様々な製品情報を、部品表を中核とした統合管理を行なう事により、設計から生産、保守メンテナンスにかかる業務を効率化します。

システム実現イメージ

Asprovaとの連携

生産スケジューラ「Asprova(アスプローバ)」は、多品種多工程の生産計画を超高速に作成する生産スケジューラです。機械や人員の負荷を考慮しながら、工場の中の一台一台の機械や一人一人の人員のスケジュールを秒単位の精度で作成します。

自動車部品製造業との連携

連携図

連携を実現する業務モデル

連携を実現するプロセス

連携を実現するプロセス

自動車部品製造業以外で連携が可能な業種

  • 輸送用機械器具製造業
  • 電子部品デバイス製造業
  • 精密機械器具製造業
  • プラスチック製品製造業
  • 食品製造業
  • 電気機械器具製造業
  • 金属製品製造業
  • 医薬品、化粧品製造業
  • ゴム製品製造業
  • 化学、素材製造業

連携を実現するプロセス

導入コンサルティング

導入コンサルティング

教育~導入~運用まで

教育~導入~運用まで

ご質問・ご相談などお気軽にどうぞ

資料ダウンロードはこちらから

ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る