ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション
  3. Microsoft 365(旧称 Office 365)とは
ここから本文です。

Microsoft 365(旧称 Office 365)

Microsoft 365とは

Microsoft 365 とは

Microsoft

Microsoft 365 は、Office アプリ、クラウドサービス、セキュリティをひとつにまとめたクラウド型のソリューションです。

含まれるもの(抜粋)

Officeアプリ
  • Outlook
  • Microsoft Word
  • Microsoft Excel
  • Microsoft PowerPoint
  • Microsoft Publisher (Windows PC のみ)
  • Microsoft Access (Windows PC のみ)
クラウドサービス
  • Exchange Online
  • OneDrive for Business
  • SharePoint Online
  • Microsoft Teams
  • 注:ライセンスの種類によって利用可否があります。詳細はMicrosoft社のWebサイトをご覧ください。

このようなニーズをお持ちでしたらMicrosoft 365 をご検討ください

現在利用しているメールの仕組みを更改したい

メールの仕組みを更改するきっかけとして多いのは以下の4つです。

  • メールサーバが保守切れになる
  • 利用しているメールサービスが終了する
  • 利用しているメールのサービスレベルや品質に不満がある
  • メールボックスの容量が少ない

Microsoft 365はマルウェア対策、標的攻撃型対策、多要素認証を包含したクラウド型メールを提供します。
Windowsパソコンで利用する場合は、通常はOutlookをクライアントソフトウェアとして利用します。
Webブラウザからアクセスする機能や、iPhoneやAndroidのモバイルアプリからアクセスする機能も提供されています。

テレワークが急増。コミュニケーション手段を増やしたい

Microsoft 365 には様々なコミュニケーションツールが用意されています。用途に応じて使い分けることで生産性の向上が期待できます。

  Microsoft 365
Exchange Online Microsoft Teams Planner OneNote OneDrive for Business SharePoint
Online
個人作業
  メールと予定表          
  個人タスクの管理          
  資料作成・保存          
  情報収集        
組織内チームやプロジェクトチームでのコミュニケーション(社内)
  報告・連絡・相談     Teams内で
利用可能
   
  業務上の情報共有     Teams内で
利用可能
 
  会議議事録作成・共有     Teams内で
利用可能
 
  資料の共同作成        
  チームタスクの進捗確認   Teams内で
利用可能
     
  お知らせ・質問・回答       Teams内で
利用可能
 
  会議          
その他(社外とのコミュニケーション含)
  連絡・報告        
  資料共有      
  会議          

リモート会議ツールを使用しているが、Microsoft Teams も検討したい

「Microsoft Teams」はチャット形式のコミュニケーションツールとしてだけでなく、ビデオ会議が可能です。画面共有の機能も実装されているので、働く場所を問わず顔を見ながら会議が開催できます。

チームチャット、ファイル共有や電話もカバーし、ハブツールとしても利用可能です。

Microsoft Office のオンプレ型を利用中。管理に手間がかかるのでサブスク型を検討したい

IT担当者はMicrosoft 365 の利用者情報を、Webブラウザから一元管理することが可能です。各PCのバージョンもすべて把握できるので、IT資産管理の工数が削減できます。

ブラウザで使えるオンライン型のWord、Excel、PowerPointも利用できるので、会社で作成した文書をテレワーク、外出先でも参照、編集が可能です。

Microsoft 365 企業向けセットプラン 内容・価格

一般法人向けプラン(300ライセンスまで)

セットプラン名称 Microsoft 365
Business Basic
Microsoft 365
Business Standard
月額価格(税別)
※1ユーザあたり
540円 1,360円
セット内容 Officeアプリ
Office Online
(Web版のOffice)
OneDrive for Business
(個人ストレージ)
○(容量:1TB) ○(容量:1TB)
Microsoft Teams
(Web会議)
  • プレゼンス
  • インスタント メッセージ
  • Web会議
  • プレゼンス
  • インスタント メッセージ
  • Web会議
SharePoint Online
(グループウェア)
  • グループウェア
  • ポータル
  • チーム情報共有
  • 文書管理
  • グループウェア
  • ポータル
  • チーム情報共有
  • 文書管理
Exchange Online
(メール、予定表)
  • メール
  • 予定表
  • メール
  • 予定表

大企業向け(ライセンス数 無制限)

取り扱いはございますが、当ページでは紹介しておりません。
詳細はお問い合わせください。

よくあるご質問

Q1Microsoft Teams だけ購入できますか
A1申し訳ございませんが、Microsoft Teams 単体での提供はいたしておりません。
一般法人向けプラン、または大企業向けプランでのセット購入のみとなります。
Q2本格的に導入する前にお試しはできますか
A2はい、無償試用版をご用意しています。
マイクロソフト社のWebから申し込みが可能ですのでご利用ください。
Q3Microsoft 365 の導入方法がよくわかりません
A3当社では、導入をワンストップでサポートする「Office 365 ビジネスサービス」をご用意しています。これは導入前のライセンス選定から導入後のサポートまでを一括で行うサービスです。
当サービスの詳細はこちらをご覧ください。
Q4Office 365大企業向けプランはなくなったのですか?
A4Office 365 E1、E3、E5プランは引き続きご提供しております。
Q5Office 365とMicrosoft 365の違いは何ですか?
A5

Office 365 のプランの多くは、Microsoft 365 のプランとなりました。名前は新しくなりましたが、サービス内容、価格は同じです。

  • Office 365 Business Essentials

    → Microsoft 365 Business Basic

  • Office 365 Business Premium

    → Microsoft 365 Business Standard

  • Microsoft 365 Business

    → Microsoft 365 Business Premium

  • Office 365 Business

    → Microsoft 365 Apps for business

  • Office 365 ProPlus

    → Microsoft 365 Apps for enterprise

関連情報

ご質問・ご相談などお気軽にどうぞ

資料ダウンロードはこちらから

ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る