ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション
  3. 被写体認識基盤サービス
ここから本文です。

被写体認識基盤サービス

被写体認識基盤サービスとは

スマートフォン・タブレットが捉えた画像や文字情報を認識し、画像に付随するアクション情報を提供するクラウドサービスです。

[図] 利用イメージ

被写体認識基盤サービス体系

体系 内容
画像認識 画像情報を被写体エンジンで認識し、画像に付随するアクション情報を提供します。
文字認識 項目読取 画像毎に設定した項目ごとの文字を読み取り、テキスト化します。
全文読取 画像に含まれる英数字すべてを読み取り、テキスト化します。

当サービスの特長

専用機器は不要

お手持ちのスマートフォンやタブレットが利用できます。

QRコードやマーカが不要

被写体にQRコードやマーカを埋め込む必要がなく、既存の印刷物や商品パッケージをそのまま利用できます。

NECの画像認識エンジンを採用

被写体を撮影する角度、被写体の大きさ、周囲の照明条件、部分的な隠れなどの撮影環境の変動に影響を受けにくい、高精度な画像認識を実現しています。

高速で検索

画像の特徴量を抽出して高速に検索します。また、スマートフォンのアプリに特徴量抽出エンジン(無償提供)を搭載すると、容量の大きい画像データを送信しないため、高速なレスポンスが確保できます。

利用するアプリケーションによって2つの実装方法があります

[1]スマホアプリケーション連携

スマホにアプリケーションを搭載して利用します。レスポンスに優れています。

[図] スマホアプリケーション連携

注:APIが受け取る画像データは処理終了後削除

[2]Webサーバ連携

スマホのブラウザから、Webサーバ上に搭載したアプリケーション経由で利用します。
スマホのアプリ固有の維持管理が不要です。

[図] Webサーバ連携

注:APIが受け取る画像データは処理終了後削除

ご質問・ご相談などお気軽にどうぞ

資料ダウンロードはこちらから

ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る