ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション
  3. 学校向けソリューション
  4. シンクライアント
ここから本文です。

学校向けソリューション

シンクライアント

クライアントPCを再起動すると、あらかじめサーバで設定しておいた状態に戻ります。
学校の情報処理室やパソコンルームや図書館のOPAC端末教室など、「皆が同じ環境を使う」用途に向いています。

メリット

再起動すると元の状態に戻ります

クライアントPCの設定情報やデータの状態(ディスクイメージ)は、サーバ上に保存されていますので、クライアントPCの環境が変更されていても最初の状態に戻ります。

クライアントPCの速度

再起動後の処理はこれまでのPC同様、クライアントPC側で行いますので、実行時のサーバの負荷は非常に軽くなります。体感速度は通常のビジネスPCとほぼ同様が期待できます。
OSやアプリケーションは端末のCPU、メモリを使用して実行。一般的なPCと遜色ないパフォーマンスを発揮します。

用途に応じてクライアントPCを使い分けられます

実処理はクライアント側で行われるので、用途によってクライアントPCを変えて利用することができます。例えばCAD用途として、グラフィック性能の高いクライアントPCを選択し、処理のパフォーマンスを上げる、といった利用が可能です。

学生全員でCPU負荷が高い処理を行っても大丈夫

プログラムの実行はクライアント上で行われるので、サーバのリソース不足でパフォーマンスが低下するような心配がありません。

高い可用性を実現します

サーバを多重化することで、一方のサーバに障害が発生した場合も、システムは継続して利用可能です。

既存システムからの移行に便利です

専用端末はディスクが存在しない点以外は通常のPCと変わりません。周辺機器に関する制約が少なく、既存システムからの移行がスムーズに行えます。

ご質問・ご相談などお気軽にどうぞ

資料請求は、お気軽にどうぞ

ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る