ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション
  3. 統合脅威管理(UTM)「FortiGate(フォーティーゲイト)」
ここから本文です。

統合脅威管理(UTM)「FortiGate(フォーティーゲイト)」

概要

FortiGate(フォーティゲイト)シリーズは、複数の強固なセキュリティ機能による多層防御を提供する統合型セキュリティアプライアンスです。

ネットワ-ク上のIT機器を深刻な新しい脅威から守るためには、外部からの情報の出入口であるインターネットゲートウェイへのセキュリティ対策はもちろん、「企業ネットワーク内」に潜む脅威への対策が重要となっています。
このためには、WANの出入り口であるIP-VPNのゲートウェイに対するセキュリティ強化を行ない、拠点間・グループ企業間への拡散防止が必用です。また、基幹系サーバや、人事・研究開発部門等の重要なネットワ-クセグメントに対して重点的な防御も有効です。

しかし、ネットワ-ク全体のセキュリティ対策強化のためには、目的別のセキュリティソフトウェアやアプライアンス製品を組み合わせる必要があるため、機器の選定、構築の手間、導入コスト等が課題となり普及を妨げていました。
このような背景から、1台のセキュリティアプライアンス製品で、複数の脅威から企業システムを守る「統合型セキュリティアプライアンス(UTM)」が注目されています。

特長1 :初期費用と運用コストを低減

機器を追加することなく、サブスクリプション(ライセンス)の購入のみで必要なセキュリティ機能を追加できるので、初期費用を抑えることが可能です。
また1台の機器で、標的型攻撃対策やランサムウェア等の対策を含む強固なセキュリティ機能による多層防御を実現しますので、運用コストが下がります。

FortiGateに含まれるセキュリティ機能

  • ファイアウォール機能
  • AntiSpam機能
  • 可視化 -FortiView-
  • AntiVirus機能
  • Dos防御
  • アンチボットネット
  • VPN機能
  • FortiSandbox Cloud機能
  • SSLインスペクション
  • モバイルマルウェア機能
  • アプリケーション可視化と制御機能
  • 冗長化 (HA) 機能
  • ファイアウォール仮想化(VDOM) 機能
  • ロギング機能
  • IPS(不正侵入検知&防御)機能
  • FortiCloud クラウド型セキュリティサービス
  • WebFiltering機能

特長2 :導入がシンプル

新規に導入する場合は、ファイアウォールとして設置します。
既に他のファイアウォールやVPNゲートウェイを導入している場合は、必要とされるセキュリティ機能のみを活かして、既存のシステムを変更することなく導入することができます。

新規に導入する場合

[図] 新規に導入する場合のシステム図

追加導入の場合

[図] 追加導入の場合のシステム図

特長3 :ユーザ数に依存しないライセンス料金

ユーザ数に応じたライセンス料金が設定されたアプライアンス製品の場合、機器の導入コストに加えてライセンスコストが思った以上にかかる場合があります。また、ユーザ数の増加に伴うライセンス管理の手間がかかります。
FortiGateシリーズは、ユーザ(クライアント)単位ではなくアプライアンス単位の料金体系ですので、手間がかからずリーズナブルです。

特長4 :SOHOからプロバイダまで対応できる商品ラインアップ

ユーザ数の規模に応じて、あるいは用途に応じて選んでいただける、商品ラインアップが充実しています。

  • SOHO向け
  • ブランチオフィス向け
  • 中規模向け
  • 大規模向け
  • サービスプロバイダ向け

など

ご質問・ご相談などお気軽にどうぞ

資料請求は、お気軽にどうぞ

ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る