ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 導入事例
  3. 記事詳細
ここから本文です。

バストータルシステム 導入事例
国際興業株式会社 様

営業所の勤務管理、収入管理からダイヤ編成、バスロケーション、動向分析までをトータルに構築することで、属人化を排除し、誰もが使える仕組みを確立。

国際興業株式会社 様

業種 従業員数 導入システム

業種

バス業

従業員数

1,000人以上

導入システム

交通/バス業向けシステム

事例のポイント

課題

  • 経験と勘に依存せずに合理的なダイヤを編成したい。
  • ICカード利用データの量が急増し手作業による乗客データの集計作業が限界を迎えた。
  • バスの到着情報をタイムリーに利用者に提供したい。
  • 営業所の乗務員勤務、収入データを本社ですぐに見たい。

[拡大する]

成果

  • 実績データを基にダイヤ改正を企画・立案する仕組みを確立。
  • 組織として継続的にデータを活用する体制を整備し、工数とコストを削減。
  • 到着情報に加え、全停留所の時刻表が検索できる機能提供により利用者の利便性を向上。
  • 前日までのデータを本社で見ることができる仕組みを確立。

お客様プロフィール

国際興業株式会社 様

社名 国際興業株式会社
設立 1940年5月15日
事業概要 交通・ホテル・トラベルなどの事業を展開している国際興業は、バス事業を路線バスから高速バス、貸切バスまで幅広く推進。路線バスは、東京の北部及び埼玉県南部を営業エリアとし、地域の交通を支えています。近年は、東北地方を中心とした高速バスの運行やイベント開催時における輸送手段となる貸切バスの運行にも力を入れ、さらなる事業の拡大に取り組んでいます。
URL

(2014年8月現在)

関連事例

関連ソリューション

ご質問・ご相談などお気軽にどうぞ

資料ダウンロードはこちらから

ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る