ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 導入事例
  3. 記事詳細
ここから本文です。

図書館システムLiCS-Re2 導入事例
土浦市立図書館 様

自動貸出機、自動返却機、ICゲートなどのICT設備を備え、利用者サービス向上と館内業務効率化を実現。
地域活性化の中心施設として、利用者が大幅に増加。

土浦市立図書館 様

業種 従業員数 導入システム

業種

公立図書館

従業員数

- - -

導入システム

図書館システムLiCS-Re2

事例のポイント

移転の効果

  • 駅前に移転したことにより利用者数は旧図書館の3倍に増加

ICT化の成果

  • 貸出と返却を自動化したことにより、業務負荷が大幅に軽減。
  • スタッフの人数・人件費を約4分の1削減。
  • 自動貸出機の導入により、カウンターに並んで待つことなく短時間で貸出処理ができるようになった。

お客様プロフィール

土浦市立図書館 様

お客様 土浦市立図書館
開館 1924年
所在地 茨城県土浦市大和町1-1 アルカス土浦
URL
沿革 1924年、土浦町立図書館として開館。1940年の市制施行とともに現在の「土浦市立図書館」に改称されました。1973年に土浦石岡地方社会教育センター(現・土浦市生涯学習館)の開館にあわせて、同センター内へ移転。1985年に図書館システムが導入されました。2003年に「土浦市新図書館基本計画」が策定され、土浦駅前への移転が決定しましたが、東日本大震災などの影響により事業が中断。2012年11月に事業が再開され、2017年11月に複合施設「アルカス土浦」の核施設として、新図書館がオープンしました。

(2018年5月現在)

関連事例

関連ソリューション

ご質問・ご相談などお気軽にどうぞ

資料ダウンロードはこちらから

ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る